Home > 雑記 Archive

雑記 Archive

総選挙に一番乗りしてきた

タイトルのとおり、総選挙に一番乗りしてきました。

ご存知の方も多いと思いますが、一番最初の人は選挙に不正が無いことを確認する役目というのがあります。
その辺の話も含めて、どんな感じだったのか書いてみようと思います。

4:30
起床。眠い。
風呂に入ったりして出陣準備。

5:30
選挙会場到着。外はまだまだ薄暗いです。
場所は徒歩3分程度の幼稚園です。
朝食を摂っていないので、コンビニでおにぎりとライフガードを購入。

5:45
同じく一番乗りを目指していた人が登場。
先を越されていたことにショックを受けながら、寂しげに帰られていきました。

5:50
おにぎりを食べ始める。
猫が寄ってきたので、分けてあげて「お前も朝早いなあ」とか言いながら二人で食べた。
その後やたらなついてきたので、「もうないよ」って言ったら速攻で去っていった...

6:00
選挙スタッフの1人が到着。
その後、他のスタッフが続々と到着。
会話を聞いていると、スタッフは派遣会社から派遣されているようです。

6:40
幼稚園の門が開門。
園内に入って、会場の前で待機。
一番乗りの私のために、椅子が用意されており、最初の人の役目について説明を受けました。

6:55
会場の中では「これより第45回衆議院議員選挙を始めます」という声が。
いよいよですよ。

7:00
選挙開始です。
私以外にも並んでいる人がいるのですが、まずは私だけが会場に通され、他の投票者は会場前で待機となります。

一人目の投票者がすること。
それは、投票箱の中に仕掛けが無いか、既に投票された票が無いかを目視確認することです。
投票箱は最初に開けられているので、中を確認した後、南京錠で錠がされます。
錠がされた後に票を投じます。
今回は衆議院小選挙区・衆議院比例区・最高裁判所裁判官国民審査の3つの確認を順に行うことになりました。

確認・投票が終わると、「確かに不正がありませんでした」という趣旨の書かれた文書に署名をします。
これで役目は終わりで、2番目以降の人が会場に入ってきました。


感想
以前よりやってみたいとは思っていましたが、ようやく念願が叶いました。
今回は投票率が高く、注目を集める選挙でしたので、一番乗り狙いの人が多かったようです。
普段なら30分前でも一番乗りできたみたいです。
一円の得にもなりませんが、なかなかできない経験ですので、興味を持たれた方は挑戦してみるといいかもしれません。

今回の選挙については、民主党の候補(当選確実が出ました)と一時間ほどお話する機会がありまして、いろいろと記憶に残る選挙となりました。
民主党候補者とのお話は、選挙期間中は法に触れるために書けませんでしたが、次回エントリで少し触れようと思っています。

どこでもWi-Fi

  • Posted by:
  • 2009年3月23日 14:08
  • 雑記

おかしな記事を発見しました。
ウィルコムの「どこでもWi-Fi」で、MHP2Gの対戦ができるというものです。

モンハンやマリオカートに!「どこでもWi-Fi」でネット対戦【気になるモバイル】

■PSPの「モンハン」を「どこでもWi-Fi」で遊ぼう 「どこでもWi-Fi」を使って携帯ゲーム機でネット対戦したい……。

と考えることは、誰でも一緒だろう。
今回はPSPの「モンスターハンターポータブル2ndG」で追加クエストが入手できるかを、実際に動作を検証してみた。

「どこでもWi-Fi」とPSPとの接続はめちゃくちゃ簡単だった。

~略~

「どこでもWi-Fi」と携帯ゲーム機を一緒に持ってさえいれば、どこでもネットで対戦ゲームが遊べるのだ。
長年、多くのゲーム愛好者が夢見てきた世界は、この小さなボックスが実現してくれた。

なんだそうですが、やっていることは配信クエストのダウンロードのみ。
対戦中を思わせるような写真が何枚もありますが、いずれも対戦中ではありません。

PSPでモンハンをする場合、アドホックモードで近くにいる人と接続するため、インフラストラクチャーモードでは対戦はできません。
XLinkKaiというツールもありますが、あれもアドホックモードで無線LANカードと接続し、それをプロキシするような仕組みです。
PS3のアドホック・パーティーも同じような仕組みのようです。

また、モンハンはデータ量が結構多いため、仮に対戦可能だったとしても、「どこでもWi-Fi」の性能ではまともに遊べない可能性が高いと思います。
実際にやってみれば分かることなんですけどね。


なんてことを書いていたら、記事を書き換えたらしく、
※「モンスターハンターポータブル2ndG」でネットワーク対戦するためには、PS3が必要
の一文が足されていました...
苦情があったのでしょうか。

それでも、かなり紛らわしい内容ですが。

火事で燃えたWiiとGBAを任天堂が交換

  • Posted by:
  • 2009年2月 5日 10:18

数々の伝説を生み出した任天堂に、また新たな伝説が加わったようです。
いい話なので、備忘録。

火事で燃えたWiiとGBAを任天堂が交換

 任天堂のカスタマーサービスは非常に優れていると言われますが、それを実証するような心温まる話が海外から飛び込んできました。

 主人公はPsyduckWarrior(ペンネーム)さん21歳。スポーツ管理学を学ぶ大学生です。そして、大の任天堂ファン。ゲームコレクションは250を超え、WiiやDSはもちろんのこと、動作するバーチャルボーイや海外未発売のゲームボーイライトまで保有していました。

 そんな彼に悲劇がやってきます。

 ある日、普通のように大学に行き、帰ると家は火事で全焼。幸いなことに家族に怪我はありませんでしたが、家具や一緒に暮らしていたペット、そしてもちろん膨大なゲームコレクションは炎に焼き尽くされてしまいました。耐久性に優れている任天堂ハードも家を包んだ炎の前には無力でした。更に不幸な事に家族は保険に入っておらず、失われたものは帰ってきそうにありませんでした。

 しかし大の任天堂ファン。もう一度Wiiを買おうと思い、任天堂に「Wiiショッピングチャンネルのアカウントはどうしたらいい?」という質問を送りました―――燃えて無残な姿になったWiiとGBAの写真と共に。

 2週間後、反応がありました。任天堂の担当者は、彼らの家族が無事であるか心配し、そして、WiiとGBAを交換したいと申し出ました。焼け跡から回収できなかった他のハードは失われたものの、彼は溶けてしまったWiiとGBAを任天堂に送り、そして新しいWiiとGBAを受け取ることができたそうです。

ここまでくると、カスタマーサービスの域を超えている気がします。
結果的にニュースとして取り上げられたことで、宣伝になったことを考えれば大成功と言えますが、どうもそういう計算でやっているとは思えないんですよね。

ジャパネットたかたで情報漏えいが発覚し、社長に第一報が告げられたとき、即座に業務停止を決断したとのこと。
経緯はどうあれ、お客様に迷惑を掛けたことに対して、まず謝罪をしたかったというのが社長の気持ちだったそうです。
それは計算されたものではなく、人としての暖かさみたいなものであり、だからこそ人の心を打つのかもしれません。
逆に、計算で生み出されたものは、それ以上の計算ができる人には見抜かれてしまいます。

任天堂のカスタマーサービスに関する数々の逸話も同様のものを感じ、その根底にある「ユーザーが遊びたいと思っているうちは、遊んでもらいたい」という信念が伝わってきます。

デノミとか紙幣発行とか

  • Posted by:
  • 2009年2月 4日 13:48

あのジンバブエが12桁のデノミを実行するそうです。

ジンバブエドルは、過去に13桁分のデノミを行っているので、トータル25桁ということになります。
アボガドロ定数を見事に超えていきました。
天文学的数字です。

超デノミ実施、1兆ドルが1ドルに

 アフリカ南部ジンバブエの中央銀行は2日、同国通貨ジンバブエ・ドルを1兆分の1にするデノミネーション(通貨呼称単位の変更)を発表した。地元政府系ヘラルド紙が報じたもので、1兆ドルが1ドルとなる。1日時点の為替相場は、1米ドル(約90円)が約4兆ジンバブエドルだった。


そして、そんな話題の通貨だけに、コンプリートセットがオークションに登場した模様です。

インフレしすぎのジンバブエドルをコンプリートするチャンス!

さてそんな高額?紙幣が話題のジンバブエドルだが、中には「記念にゼロがたくさんあるお札が欲しい!」と言う方もいるのではないだろうか? そんな方に朗報だ。 『Yahoo!オークション』でジンバブエドルがコンプリートできるチャンス!

開始時の価格が20,000円と少々高めだが紙幣マニアやコレクターにはたまらないだろう。 このジンバブエ紙幣総額で20,000円の価値もないだろうなあ……。

20,000円の価値どころか、紙くずに近い紙幣もありますね。
記録的なインフレなので、ひょっとしたら遠い未来に価値が出てくるかもしれません。


対岸の火事って感じで見てた訳ですが、日本にもロクなことを考えない人が出てきました。


「政府紙幣」導入論が浮上=副作用指摘する声も-政府・与党

 政府が日銀に代わって紙幣を発行する「政府紙幣」の導入論が浮上してきた。政府紙幣を発行すれば財源を気にせず景気対策が実行できるため、推進派は「先進国で最初の不況脱却を掲げる麻生政権の切り札になる」と主張。一方で、通貨価値の下落を通じ、物価が上昇するインフレや円安を招く「副作用」を指摘する声もある。麻生太郎首相は2日夜、「今のところそういう段階ではない」と語り、導入に消極的な見解を示した。

 政府紙幣は日銀が発行する通常の紙幣と違い、政府自身が発行する「第二の紙幣」で、社会保障や失業対策に充てる案が浮上している。元財務官僚の高橋洋一東洋大教授が25兆円規模の発行を提唱、自民党の菅義偉選対副委員長が1日のテレビ番組で「非常に興味がある」と発言したことから導入論議が盛り上がりつつある。

 政府の判断で機動的に発行できる半面、際限なく発行すれば円の価値が目減りする危険性もある。高橋教授は「劇薬」と断った上で「100年に一度の経済危機には異例の対応が必要。物価上昇率が一定水準に達した時点で発行を止めれば問題ない」と主張、世界的に強まるデフレ懸念の払しょくにも効果があると説明する。

劇薬というより麻薬。
一度やったらもう元には戻れない気がします。

そもそもお金って、商品やサービスの価値を示すためのものなので、何もないところから価値を作り出すという行為は貨幣経済を根本から覆すってことになる訳で。
真面目に議論されていることが信じられないです。
というか、それができるくらいならとっくにやってますって。

PC1500台をOpenOffice.orgに

  • Posted by:
  • 2009年1月29日 16:25

アホな節約策の記事を見た後に良記事を発見しました。

具体的な数字が出ているところがいいですね。
参考にする会社も多いのではないでしょうか。

PC1500台をOpenOffice.orgに そのコスト削減額は……




 アシストは1月27日、食品卸大手のトーホーがアシストの支援サービスを受けてオープンソースソフトウェアのオフィススイート「OpenOffice.org」を社内の標準ソフトウェアとして導入すると発表した。同グループのシェアードサービスを提供するトーホービジネスサービスが中心となって2008年5月から評価を開始、2009年4月に全社1500台のPCでOpenOffice.orgの利用を開始する予定だ。

 神戸市に本社を置くトーホーのグループ従業員数は約3900人。グループ内では1500台のPCが使われていて、ほぼ同数のMicrosoft Officeのライセンスがある。OpenOffice.orgの採用で、この1500台にかかるMicrosoft Officeのライセンスコストを削減することができる。現在、社内で多く使われているMicrosoft Officeのバージョンは「2003」だが、次期OSの「Windows 7」では2003がサポートされるかどうか不明確。Office 2003がサポートされない場合はバージョンアップが必要になり、コスト増になる。

 また、トーホーグループは現在、年間300台近くのPCをリプレースしたり、増設しているといい、その分のOfficeライセンスを新たに購入している。しかし、OpenOffice.orgに移行することで、「買い足す300台のうち6~7割、つまり200台程度はOpenOffice.orgだけでいける」(トーホービジネスサービスの担当者)と見ている。年間に200台分程度のMicrosoft Officeのライセンスが節約できることになる。

 マイクソフトのWebサイトによると、仮に「Office Standard 2007」をボリュームライセンス(Open License Business)で新規購入する場合、1ライセンスの参考価格は4万5900円。200ライセンスだと年間918万円の出費を抑えられることになる。

 これまでの事例では、850台のPCをMicrosoft OfficeからOpenOffice.orgに移行する会津若松市では、5年で約1500万円のコスト削減を見込んでいる。また、OpenOffice.orgを社内導入し、700台のPCからMicrosoft Officeを削除したアシストは3年で1700万円のコスト削減効果を見積もっている。記者の想定だが、元々Microsoft Officeライセンスのディスカウントを受けていたり、OpenOffice.org導入後にサポートコストが増大したとしても、トーホーグループは複数年で1000万円以上のコスト削減は図れるだろう。

 トーホーグループは2008年4月以降、OpenOffice.orgの文書フォーマット「ODF」を社内の標準とする。しかし、「無理はしない」(トーホービジネスサービス担当者)方針で、社内からMicrosoft Officeをなくすのではなく、当面は併用する考え。外部との文書のやりとりが多い社員や、Microsoft Officeを駆使する必要がある社員にはMicrosoft Officeを使い続けることを認めるなど柔軟な運用を行うという。

 トーホーグループがOpenOffice.orgの導入を決めたのは2008年5月。コスト削減が最大の目的だが、トーホービジネスサービスの担当者は同時に「PCをマルチベンダ環境にしてリスク分散を図ることも目的の1つ」と話した。同社は基幹系システムなどはマルチベンダ環境にしているが、PCだけはマイクロソフトによるシングルベンダ状態が続いていた。「いざとなったらほかのオフィスソフトで文書を作れるようにする必要がある」(トーホービジネスサービス担当者)と考えて、OpenOffice.orgの採用を決めた。「コストセーブとリスク分散の両方を狙った」(担当者)

 さらに同社はウイルス対策や改ざん防止を目的に社内外でやりとりする文書をすべてPDFドキュメントにすることを計画している。OpenOffice.orgは作成した文書を簡単にPDFドキュメントで保存する機能があり、「親和性が高い」(担当者)ことも決定を後押しした。

良記事です。

冒頭でも書きましたが、具体的な数字が示されているので分かりやすく、導入の参考にしやすいのではないでしょうか。
高価なソフトを無料の互換品に置き換えるだけという、極めて単純な方法ながら、確実に効果の出る方法ですね。

残念ながらOpenOfficeの互換性は完璧ではなく、Officeオンリーなお客様とのやりとりでは問題になることもありますが、同社のようにこれを想定して併用するという方法がベストな選択なのではないでしょうか。

三菱自動車の節約策?

  • Posted by:
  • 2009年1月29日 16:23

こういうのを節約策って言うのかな???

未曾有の不況ここまできた節約策 「お客にコーヒー、紅茶出さない」

   未曾有の不況下のもと、コスト削減につとめている企業は多い。人件費の見直しから始まって、小さいものでは電気や文房具などの消耗品の節約がある。そんな中、話題になっているのは、三菱自動車の異例ともいえる取り組みだ。

社内の蛍光灯を一部取り外す

   三菱自動車は2008年末から、コスト削減策のひとつとして本社への来客に対し、コーヒーや紅茶を出すのを取りやめた。コーヒーはこれまで、社内の喫茶店で提供されていたカップに注がれたものを、来客者に運んでいたという。

   また、社内の蛍光灯を一部取り外した。「取り外した蛍光灯の本数までは答えられない」(広報部)としているが、これまでにも昼休みや定時後の消灯にはつとめていた。そして、文房具の購入も余剰が多かったことから、原則購入を控え、再利用を増やしているという。コスト削減の取り組みを今まで以上に強めたかっこうだ。

   企業は経費削減の動きを強めているが、主要企業で来客へのコーヒー、紅茶のサービスをやめた例はないようだ。もちろん、このケチケチ作戦にも賛否両論がある。ただ、ネットでは否定的な意見が多く、2ちゃんねるでも、

「インスタントでいいから出せよw」
「こんなケチ臭い所から買えるか」
「まだまだ削減できるところ他にもあるだろ」
「さすがに来客して来た人に茶もないのはまずかろう」

   などと書き込まれた。

   また、個人のブログや掲示板も、「そのうちディーラーでもコーヒー出なくなったりして」「自動車業界がどんどん堕ちていってるなぁ」「タイヤの数は減らさないで下さいね」などと不安視する向きは多い。

   企業のコスト削減指導に取り組んでいる、あるコンサルタント会社の代表は匿名を条件に、「小手先のやり方はどうか。枝葉末節の部分をいくらつついても……」と指摘する。特に、蛍光灯の取り外しは、社員のモチベーションを絶対に下げるという。

「やり方はほかにもあると思う」

「ただ、このメッセージを社内の全社的なポリシーとして、全社員が共有しているのなら話は別です。通常、コスト削減に取り組む場合、無駄を減らそうという社員の行動が評価され、そして、給料に反映されなくてはうまくいかないものです」

   コーヒー提供の取りやめについても、

「お客さまのことをどう思っているのか。もてなしの心は無いのかと思われても仕方がないでしょう。しかし、やり方はほかにもあると思うのです。コーヒーの提供ならば、社員がポットからくんで運ぶだけでも良い。もっと業務自体を見直すことが先決です」

と否定的だ。

   一方、三菱自動車広報部は、自社の取り組みについて、「仕事の支障をきたさない範囲内で取り組んでおり、当面いつまで実施するかは決まっていない。また、生産現場での苦労を考えると、(オフィスでも)率先してやっていかなくてはならない」と話している。

節約策って、本当に要るものと省けるものをきちんと分けるところから始まるのだと思います。
そういう前提で考えてみると、わざわざお越しくださったお客様に出すコーヒーは無駄と判断したとしか思えないんですよね。

上杉鷹山が藩政改革としたとき、無駄なもの(と当時は思われていなかった儀式的なものまで)を極力省く一方、本当に必要なものには遠慮なくお金を使っています。それが未来に繋がりますから。

リコール隠し事件のこと、教訓にしてないのかな...

迷走するソフトバンク

  • Posted by:
  • 2008年11月 7日 23:09

ソフトバンク孫社長 経営不安説火消しに躍起

経済誌などで経営不安が取り沙汰され、株価が急落していたソフトバンクの孫正義社長が反撃に出た。ソフトバンクは年間の売上高とほぼ同額の2兆円を超える連結有利子負債を抱え、市場では「競合他社に比べて有利子負債が格段に高く、米金融危機が財務体質の悪化を招くのではないか」などと、先行きを不安視する声が強かった。これに対し、2008年10月29日に行われた08年9月中間決算の発表会見で、孫社長は「十分に返済能力がある。フリーキャッシュフローが09年度は2500億円出るので、かなり早いピッチで完済が進む」などと明言し、市場の不安沈静化に躍起だった。

世界的な不況の中、これだけの有利子負債を抱えていて、経営不安が言われないはずはありません。
強気な姿勢がかえって危なっかしく見えてくるんですよね。

孫社長は「フリーキャッシュフローが2500億円出れば、10年たたずして、有利子負債をゼロにできる。50代で借金をなくすのが私の経営哲学だ」とも持論を展開した。

約2兆5000億の「有利子」負債なので、2500億円が10年では返せない気がしますが。

経済誌などで指摘された有利子負債の残高は、旧ボーダフォンを約2兆円で買収した資金の借り入れが大きく、社債などを合わせ08年9月末で2兆4949億円になる。この不安を払拭するため、孫社長はこれまで開示していなかった業績見通しを公表。携帯電話のユーザー数の純増を背景に、営業利益は08年度の3400億円から09年度は4200億円に増えると予想。設備投資が一巡したことから、フリーキャッシュフローが07年度のマイナス1642億円から、08年度は1400億円、09年度は2500億円に増えると予想した。

その、フリーキャッシュフローですが、フリーキャッシュを生み出すためにこんな罠が。

ソフトバンクモバイル、Yahoo!ケータイトップページを有料化

 ソフトバンクモバイルは10月31日、ソフトバンクケータイ向けのポータルサイト「Yahoo!ケータイ」トップページのパケット通信料を、2009年2月1日から有料にすると発表した。料金は、1パケットあたり0.21円(契約プランにより異なる。定額サービス「パケットし放題」に加入している場合は、1パケットあたり0.084円)。Yahoo!きっずなどのトップページも有料になる。

 Yahoo!ケータイのトップページは、同社の携帯電話に用意されている「Y!」ボタンを押すと簡単にアクセスできるようになっており、現在はパケット通信料無料で提供しているが、2009年2月1日をめどに、情報料無料で提供している「タダ歌ばん」「タダゲーム」「タダコミ」「タダデコ」「タダ本」「タダメロディ」などのサービスをさらに充実させ、Yahoo!JAPANで提供している無料サービスとの連携を強化するのに合わせ、通信料を有料化する。

 有料化後は、ページを読み込むたびに料金が発生するため、例えばYahoo!ケータイのトップページを表示した状態でAQUOSケータイのサイクロイドディスプレイを回転させたり、モーションセンサー搭載端末の向きを変えたりすると、その都度課金されることになる。1ページあたりの容量は、端末の画面解像度や表示されるコンテンツにより変わるうえ、料金プランによってパケット通信料の単価が変わるため、一概に1回いくらということはできないが、パケット通信料の定額制サービスを利用していないユーザーには気になる変更となる。

 NTTドコモのiメニュートップページやauのau oneトップページは、現在パケット通信料は無料で提供されている。Yahoo!ケータイは、Yahoo!JAPANが配信しているニュース記事や携帯電話向けの各種サービスなどに簡単にアクセスできるなど、ポータルサイトとしての機能は他社のトップページよりも豊富。パケット通信料だけでダウンロードできる、情報料無料のコンテンツを多数用意することで、ユーザーの理解を得たい考えだ。

通話料0円ということで利用者を集め、ポータルサイトで集金するとは...
「Y!」ボタンを押す度に課金されるので、結構な額になると思います。
ポータルサイトは、どの会社も「さすがに課金しちゃまずいだろ」という良心で無料なのだと思ってましたが、まさに予想外。
予想外搾取とでも言えば良さそうです。


そして、とにかく腹が立つのがコレ。
Yahoo!からメールが来たので開いてみたら...

※このメールはYahoo!ブリーフケースをご利用のお客様にお送りしています。 Yahoo!ブリーフケースを利用されているYahoo! JAPAN IDは ******** です。

平素より、Yahoo!ブリーフケースをご利用いただき、誠にありがとう
ございます。

Yahoo!ブリーフケースは2008年12月1日より、Yahoo!プレミアムおよび
Yahoo! BB会員専用のサービスへと変更させていただきます。

サービス内容を変更するにあたり、Yahoo!プレミアムまたはYahoo! BBに
会員登録されていないお客様につきましては、誠に勝手ながら、
以下の対応とさせていただきます。なにとぞご了承ください。

----------------------------------------------------------------------

●2008年12月1日から、新規アカウントセットアップの停止、およびファイル
アップロード機能の停止

●2009年2月2日に、Yahoo!プレミアム、Yahoo! BBに会員登録されていない
お客様のデータをすべて削除

※Yahoo!ブリーフケースにアップロードされているデータは、2009年2月1日
までにご自身のパソコンにダウンロードしてください。

----------------------------------------------------------------------

なお、2009年2月1日までにYahoo!プレミアムまたはYahoo! BBに会員登録
いただけますと、今までどおりYahoo!ブリーフケースをご利用いただけます。

ぜひご検討くださいますようお願い申しあげます。

▼詳細はこちらから▼
http://info.photos.yahoo.co.jp/briefcase/index.html

今まで無料だとか言っておいて、簡単に移行できないほどアップロードさせたあとでいきなりの有料化。
しかも、金を払わなければデータは全削除だとか、子供の喧嘩みたいな理屈ですよ。

小さいファイルを地道にアップし続け、150MB以上あるのですが、意地でも全部他社サービスに移行してやろうと思います。
Windows Live SkyDriveあたりが良さそうです。

不良債権処理

  • Posted by:
  • 2008年10月19日 00:24
  • 雑記

世界各国で金融危機と言われていますが、持論をちょっと紹介。
私見もありますが、ご容赦ください。

livedoor ニュース - 【コラム】 預金超過10年で10倍!から読み解く日本経済の横顔

「2000年以降に預金超過額が増えているのは、いわゆる“小泉改革”によるものです。不良債権処理にともない銀行の融資の審査が厳しくなり、問題のある企業への貸し出しをしなくなりました。結果、銀行の預金から企業への貸し出されるお金がどんどん減っていったんです」

不良債権処理の説明がおかしいですね。
ということで、ちょいと解説。

そもそも、不良債権処理の前から銀行は貸し渋りをしていて、問題のある企業どころか問題のない企業にも融資をしていませんでした。
不良債権処理をすることで銀行は健全化し、問題のない企業には融資されるようになったので、貸し出ししなくなったということではありません。
融資基準の見直しも不良債権処理とは関係なく、バブル時代に無茶な融資をしてきた反省から改善されたものです。

小泉改革というと、郵政のイメージが強いですし、格差を生み出したという悪い評価もあるのですが、不良債権処理はバブル崩壊から立ち直ることができた政策だったと私は評価しています。
それまでの政権ではバラマキ型が多く、おかげで訳の分からないハコモノがいっぱい作られた訳ですが、小泉政権は不況の原因を銀行と断定し、不良債権問題に踏み込みました。

銀行は国内業務を行うために4%、海外業務を行うために8%の自己資本比率が無ければなりません。
不良債権を処理すると自己資本比率が下がるため、銀行は処理できないでいました。
また、自己資本比率を下げないために、貸し渋り・貸しはがしを行ったため、倒産が相次ぎました。
でもこれだけだと銀行の利益にはなりませんので、国債を大量に購入しています。国債は自己資本に含まれますから、自己資本比率を下げないからです。
これがバブル後の不景気の原因と言われています。

竹中大臣が行ったのは、不良債権を確定させ、切り離しや放棄をさせたことです。
しかし、問題になるのは自己資本比率が下がるということで、公的資金を投入して自己資本をカバーしました。
こうした改善から、銀行が立ち直り、本来の業務である融資をできるようになったため景気が回復したということです。


さて、アメリカでサブプライムローンによって引き起こされたバブル崩壊もトリガーは日本とよく似ています。
ただ、日本の場合はリゾート目的だとかが中心で、どちらかというと裕福層が中心だったのに対し、アメリカでは貧困層向け住宅が中心だったため、不良債権の量は相当の額になっていそうな気がします。
サブプライムローンの債権は様々な形に変えられ、世界中にばら撒かれたため、世界中で不良債権が発生していることも事態を深刻化させています。

ニュースを見ていて面白いなと思うのは、サブプライムローン問題→リーマンショック→金融危機といった感じで名前が変わってきていることです。
名前が変わる度に問題の本質に近づいている訳でして、各国が日本の不良債権処理を参考にしているようです。

日本は不良債権処理が遅れたために10年以上の不況を経験しました。
諸説いろいろありますが、私的には日本企業は銀行に依存していることから、もう少し早く処理すべきだったと考えています。
ただ、不良債権処理に政府が介入しなかったことで、金融機関の淘汰・合併が進んだことも事実でして、一概に早く処理すれば良かったかというと難しいところです。
公的資金を投入して強制的に処理できたのも、銀行の合併が進んでいたからという見方もできるからです。

アメリカでは日本の教訓を生かし、早期に不良債権処理をすべきという意見が強いようです。
ドルが世界の基軸通貨という立場もありますので焦っているのかもしれませんし、大統領選挙を控えてのことなのかもしれません。

一方でFRB前議長のグリーンスパンは、サブプライムローン破綻を半年も前に気づいていながら、「それは市場が解決する問題」だとして手をつけなかったという話を聞いたことがあります。
また、AIGは保護するけどリーマンは見捨てるという判断も、真相は分かりませんが、ある程度の淘汰・合併を望んでいるのかもしれません。
公的資金の投入についても、日本は税金=年貢なのに対し、アメリカでは寄付に近い感覚があり、反発もあるかもしれません。

このような状況を総合的に見ても、かなりのスピードで不良債権処理を進めている感があります。
サブプライムローン問題が表面化したとき、5年は掛かるかな?と思ったのですが、3年で解決しそうな勢いです。

さすがはアメリカとなるか、急ぎすぎて失敗するか、どちらもありそうなので、今後も注目していきたいところです。

携帯へのスパム急増

  • Posted by:
  • 2008年8月 7日 00:27
  • 雑記

auの携帯を使っているのですが、ここ数週間の間でスパムメールが急に届くようになりました。
どこにもメールアドレスを知らせていないので、auから漏れたとしか思えないんですが...

偽ミクシイと出会い系なんですが、メールアドレスにちょっと特徴があって、モバイルのスペルを「mobail」、ミクシイのスペルを「mixy」となっているので、これをフィルタリングに登録。
まだ2日しか経っていませんが、1通も届かなくなりました。

同じスパムに困っている人が結構いるようなので、参考になれば。

ゲームミュージック

  • Posted by:
  • 2008年7月26日 00:01

芸人のこまつさんがドラクエを演奏しているのを見て、他にも演奏している人いるかなとYoutubeを見てみたら、凄い人がいっぱい出てきました。

中でも、この3人は特にすごいです。


KURIKINTON FOXさんという方が、FinalFantasyVの「ビッグブリッジの死闘」という名曲を演奏しています。
この曲はテンポが良い半面、演奏の難易度が無茶苦茶高いです。
人気の曲ゆえに多くの人が演奏していますが、抜群の上手さだと思います。

KURIKINTON FOX- Final Fantasy V-Clash On the Big Bridge


外国人の方(と思う)がドラムでマリオを演奏しています。
海外向けのマリオなので、日本とちょっと違いますが、ノリを味わってもらえれば。

Vadrum Meets Super Mario Bros 2 (Drum Video)


最後は、darksugar178さんという女性の方が、エレクトーンで演奏しています。
女性らしく、繊細な曲が上手いのですが、クロノトリガーシリーズは力強く演奏しています。
上手いとしか表現できません。
「カエルのテーマ」や「魔王決戦」も凄い出来栄えでした。

Chrono Trigger クロノトリガー "Chrono's Theme"

熱でもなんとか

  • Posted by:
  • 2008年5月17日 19:46

水曜日の夜からどうも体調が良くないなと思っていたら、翌日には40度近い熱が出て動けなくなった。
最近風邪をひくにくくなってきたものの、妻や娘は病気に対しての抵抗力が高く、相変わらずの貧弱ぶりなのです。

病院でもらった抗生物質のおかげで、なんとか持ち直してきたものの、全快までまだまだ時間が掛かりそうな予感がします。
具合が悪いので寝ているのですが、寝ると夜中に目覚めるという面倒くさい状況になっていまい、横山光輝の史記を読破しそうな勢いです。

19日には、メールマガジンの発行を控えているので、なんとか起きだして配信予約をすませてきました。
19日の8:50分に配信されますので、楽しみに待っていてください。

メルマガ発行は5/19に延期しました

  • Posted by:
  • 2008年5月 8日 14:18

既に2か月分ほど原稿を書いてあるので、いつでも発行できるのですが...

まぐまぐによると、発行するメールマガジンが、ウィークリーまぐまぐで紹介されるのが、5/12とのことでした。
その後、3~4日ほどで読者が急増する傾向があるようです。

メルマガは、最初のスタートダッシュが成功すると、新着ランキングに載ったりして、順調に成長できるケースが多いので、勝手ながら19日に延期した次第です。

12日の発行を楽しみにしていた方、どうもすみません。

ブログで告知したおかげもあって、読者が少しずつ増えており、大変嬉しく思っております。



メールマガジンを発行します

  • Posted by:
  • 2008年5月 4日 00:05

いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。
今回は告知なんですが、是非ともご協力いただけますよう、お願い申し上げます。

2008/5/12(月)に、以下の2つのメールマガジンを創刊することになりました。
既にまぐまぐさんの審査も合格し、あとは12日を待つだけとなりました。

無料で購読できますので、少しでも興味がありましたら、ご購読いただけると嬉しいです。

いずれも、私がエンジニアやコンサルタントとして経験してきたこと、勉強してきたことなどを、初心者の方でも分かりやすいように説明しています。
ただ説明するだけでなく、問題提起やクイズも取り上げていきますので、読んでいるだけでパワーアップできること間違いなしです。

液晶テレビが値下がりするかも

  • Posted by:
  • 2008年5月 3日 16:05
  • 雑記

うちのテレビも音が割れたりと、そろそろ買い替え時な感じなので、買う時期を見定めているのですが、6月くらいかなあと思っていたところです。

livedoor ニュース - 今月からハイビジョン液晶テレビが大幅に値下がりするかもしれません
今月からハイビジョン液晶テレビが大幅に値下がりするかもしれません - GIGAZINE

2011年の地上デジタル放送完全移行を控えて、家電量販店などではハイビジョン液晶テレビが大量に陳列されていますが、そのハイビジョン液晶テレビが今月、大幅に値下がりする可能性があるそうです。

はたしてどれだけ値下がりするのでしょうか。

詳細は以下から。

Psst…Wanna Save Big on a New HDTV? It Will Pay to Wait Till May >> HDGURU.Com

この記事によると、ソニーが市場シェアを伸ばすために、5月にハイビジョン液晶テレビを値下げするそうです。

具体的には画面解像度1920×1080(1080p)の40インチモデル「KDL-40S4100」が500ドル(約5万2000円)ほど下がった1199ドル(約12万4000円)ほどに値下がりするほか、46インチモデルの「KDL-46S4100」が400ドル(約4万1000円)ほど下がった1599ドル(約16万6000円)になるとのこと。ものすごい下げ幅ですね…。

また、この値下げを受けてシャープや東芝、Samsung、LG電子などのハイビジョン液晶テレビの値下げも期待できるとしています。

日本でも値下がりするのかどうかは分かりませんが、もし値下がりするとなると、非常にお買い得なのではないでしょうか。

日本で値下げするとは一言も言ってないのですが、北京オリンピックを控えて需要が拡大しそうなので、ありそうな話です。
ソニーの場合、ブルーレイレコーダも売りたいと思うので、液晶テレビの利益率を下げるという戦法を取ってきそうな気がしていました。

プログラムっておいしいんだか、まずいんだか

  • Posted by:
  • 2008年5月 2日 23:22

いろいろと懐かしい気分になる、良エントリです。
完全に乗り遅れたんだが...気にしないこととする。

プログラムっておいしいの? - iGirl

ってゆうスイーツ(笑)が少しでもプログラムを理解するには何をしたらいいのでしょうか。何を読んだらいいのでしょうか。ググればググるほど分からなくなってきました。

「初心者のための・・」系を読んでも、サンプルコードというものを見ても、何のこっちゃ分からずで、perlにしようかPythonにしようかjavaにしようかC++にしようかとか言ってる場合じゃありません。C++とC#は別クチなんすかね?ですよね。ギャー!

どんなふうに始めればいいか分からないしたぶん「私には無理!生まれたときから文系だもん!むしろ文系から生まれたもん!」とか言い訳垂れて諦めるかもしれないんだけど、とりあえず何となく話だけでも分かる風になりたいなーとか思ってー。諦めるまでに達せない自分が歯がゆい><

ギークに「プログラム始めたきっかけって何ですか?」みたいに聞くと(あと記事とか読むと)「自分でゲームを作ったのがはじめかな」って答えが多いようなのだけど、そもそもゲームが自分で作れるとかゆう発想がどこからきたの!と思うスイーツな私。えへ。

私にとってのプログラミングって、何なのかよく分からないんですよね。

小学4年生の時、友人の兄ちゃんが、X1-CSというパソコンを持っており、マイコンBASICマガジンなる雑誌を見ながらプログラムを入力したとかで、すごく自慢されたんですよね。
なんかもう、スネ夫なみに。

もう20年も昔の話なんですが、当時のパソコンはデータをカセットテープに保存していたのですが、日曜朝10時にパソコンサンデーなる番組があって、その最後の方にプログラムを副音声で放送してたんですよ。
その副音声をカセットテープに録音し、パソコンでロードすると、なんとゲームが楽しめる!ってことで、その一部始終を見せ付けられ、相当ショッキングだったことを記憶してます。
あの時代に地上波でプログラムを流してたってのは、今から考えても凄いことでした。

でも、そのとき、羨ましいみたいな感情の前に、「将来はパソコンを使いこなせる人が強い時代が来る」という確信があって、親にパソコンをねだったのでした。

で、中学に入学したときに、パソコンを買ってもらい、早速ポーカーを作ってみたのですが、こいつは結局まともに遊べなかった。
何しろ、同じカードが何枚も配られてしまうので、スペードのAのスリーカード?とか、イカれた状態のまま、カセットテープはどこかに消えていったのでした。


再び、プログラミングに触れたのは、大学時代のこと。

高校時代は化学が得意で、将来は薬学関連に進みたいと思っていたのに受験に失敗し、なんとか第4志望の学校に滑り込んだものの、そこが情報学部。
しかも、情報システム学科なもんで、毎日プログラミング三昧でした。

学校で出される課題もえげつなくて、「掛け算、割り算を使わずに、1/xを求めるプログラムを作りなさい」とか、ノーヒントで出されてました。
そのおかげもあって、ある程度組めるようになったんですが、楽しくてやってた訳じゃないんですよね。

パソコン買ったときも、「パソコンを知らないと将来困る」と思ったからだし、状況に脅迫されてた気がします。
就職したらしたで、バブル崩壊後で会社がえらいことになってるしで、とても楽しんでプログラミングできる状況じゃなかった。

オープンソースやったりしてると、プログラミングが好きなんだと思われがちなんですが、正直全然好きじゃない。
でも、嫌いかというとそうでもない感じ。
なんか良くわかんないまま20年間親友になってしまった、腐れ縁の仲間みたいなもんか。


でも、本当は楽しくてプログラミングしてるっていうのが、最高なんだと思う。
私はもう無理だと思うけど、そういう気持ちを持っている人には、心からエールを贈りたいと思います。



スタートラインに立てないスイーツを助けてくれる本とかありませんか?もしくはこの言葉でググれ!みたいな。

どうやったらスタートラインに立てるんだー!教えてのび太くん!

のび太かあ、敷居低いなあ。

最初に始める言語は、その人の好みなので、いろんな意見が出てきて混乱しちゃうんだけど、どれを選んでもある程度やってみると、他の言語にもすぐ移行できちゃうものなので、いっそのことサイコロとかで決めてみるといいかもしれない。
きっと、神様がベストな選択をしてくれる気がする。

でも、COBOLだけは、他の言語に応用がきかないので除外すべし。

ちなみに、私は未経験者の人にプログラムを教えるという仕事をしていたことがあるんですが、言語は好きなものを選ばせました。
「決められないなら、サイコロで決めろ」とか、本当に言っていて、実際にサイコロで決めた人もいました。



最速の人は「例えばホームページつくりたいとかゆうふうに、何かを作りたいと思ってスタートして、カウンターをつけるにはどうすればいいとか新しいコレをつけるにはどうしたらいいかとか勉強するうちにできてくるよ」みたいなことを黒糖梅酒のみながら言ってた。たしか3杯目くらいのとき。

ホームページは良いですね。

私も、プログラミングは好きではないけど、WEBページを作るのは好きですね。
仕事以外で、こういうことを始めたいという人には、WEB作成だとか、Flash作成だとかを強く薦めたいです。
いろんなところで役に立つので。

SEOの世界も熱くて楽しそうなんで、徐々にこっちに移行しつつあったり。

数学的なセンス

  • Posted by:
  • 2008年4月28日 18:31

CodeZineに興味深い記事がありました。

エンジニアは数字・計算力の高い人が多い?:CodeZine

 Tech総研の報告によれば、エンジニアは他の一般職と比較して数字に強い傾向にあるようだ。これは「エンジニア150人VS一般職150人 数字・計算力チェック」というテーマで行われた調査結果によるもの。無作為に抽出したエンジニア150人と非エンジニア150人に対して、以下の3つのポイントについてのアンケートを行った。

  • 「数字&計算」が得意or不得手?
  • あなたの仕事において「数字&計算力」はどれだけ必要とされる?
  • エンジニアはほかの職種に比べて「数字&計算力」が高い人が多くいると思う?

 アンケートの結果では、エンジニアはほかの一般職に比べて数字・計算力が高い人が多いと判明した。報告ではエンジニアは職業柄、論理的思考を求められる機会が多いため、結果として数字に強い人も多くなるのではないかと分析している。

 また、これを受けて「数字・計算力が強いエンジニアの方が活躍のチャンスは多い。苦手な人ほどキャリアを見据えてこれらの力を高める必要がありそう」と提言している。

だそうです。

私は理科系なので、このアンケートでは「得意」に入れる人なんですが、計算力の捉えかたがちょっと曖昧な気がします。
計算速度であったり、公式を覚えるというのは、実はそれほど重要では無いと思います。
実際、数学に馴染みの薄い文系エンジニアだって、十分に活躍していますから。

私は、数字で遊べるかどうかというのを大事にしています。
例えば、25×24なんて、いちいち筆算しなくてもいいし、頭の中で暗算しなくてもいい。
25×20+25×4=500+100=600 と柔軟に計算できる方が大事。
消費税なんかも、20円ごとに1円、100円ごとに5円なんて計算した方が簡単だし、面白いでしょ。

数学的なもので、エンジニアにとって大事なものを挙げるとすれば、「集合に対する理解」ではないかと思います。
クラス構造を考えるにしても、SQLを書くにしても、その基本は集合の捉えかたですから、理解できないと厳しいでしょう。

下手なプログラムを見ると、SQLは正規化されていないは、オブジェクトが全部配列に入っているはで、集合的な捉えかたが全くできていない場合が多い。

FF音楽で発車メロディ

  • Posted by:
  • 2008年4月10日 16:36

こういうネタ大好きです!
ファイナルファンタジーの曲をJRの発車メロディ風に編集しています。

画像がJRなのに、地下鉄東西線のアナウンスはちとおかしいけど。

道路特定財源

  • Posted by:
  • 2008年4月 9日 18:47
  • 雑記

やる夫で学ぶ道路特定財源

なにこの良スレ(・・)

酸素カプセルに行ってみました

  • Posted by:
  • 2008年3月19日 23:29

近所に接骨院が出来たのですが、ここに酸素カプセルが設置されているのです。
あのハンカチ王子が甲子園に持ち込んでいた、怪しげなマシンとして有名です。

面白いものが好きなので、早速行ってみようと思ったのですが、調べてみると疲労回復やダイエットに効果があるということなので、限界まで疲れているヤバイ状態になるまで待っていました。

ということで待つこと数日、ようやく昨日、限界に達したので体験してきました。
料金は30分3000円のところ、初回体験コースということで1900円に。

仕組みを簡単に説明すると、カプセルの中で寝ると、濃度50%の酸素が出てきます。
また、それだけでなく、1.3気圧まで上げることで効果が高まるのだとか。

Continue reading

確定申告

  • Posted by:
  • 2008年3月 3日 00:49

今年も確定申告が無事に終わりました。

個人で独立してから10年になりますが、今年はe-taxに挑戦しました。

e-taxで申請すると、5000円分の控除がある他、源泉徴収表や保険の控除証明書などの添付書類を省略することができるメリットがありますが、電子証明書を作ったり、住民基本台帳カード用ICカードリーダを購入しないといけないので、実はほとんどメリットが無かったり。
私のVAIOには、FeliCa用カードリーダがついているのですが、これではダメで、公的個人認証対応のカードリーダが必要とのこと。

書類の作成は、ソフトをダウンロードできる他、WEBページ上からも作成・提出できるので、印刷する手間が省けて便利だなあと思いました。
えっ?これで終わりですか?みたいな。

一つ気になったのは、減価償却の計算画面で、計算結果が去年と1円違うこと。今年は端数を切り上げているっぽい。
その後の貸借対照表で合計が合わず、1時間ほどハマりました...orz
自動計算で行われるのは確かに便利なんですが、こういうどうでもいいところで変更されると、気付かずに深みにハマりますね。

1日でGoogleに登録された

  • Posted by:
  • 2008年3月 1日 12:47

新ブログを立ち上げた訳ですが、クローラー依頼からわずか1日(というか数時間)で登録された模様です。
今まで立ち上げたページは、早くても1ヶ月は掛かっていたことを考えると、かなり驚異的な速さと言えるでしょう。

そのおかげもあって、モンハンブログの「上手に焼けました~」は公開初日に27PVとなりました。
(LibertyBoyは初日0でした)

たまたま、クローラーの通り道だっただけかもしれないけど...

ブログを整理しました

モンスターハンター関連 → 上手に焼けました~
基本技術 → 10年戦える開発技術
情報処理試験対策 → 情報処理技術者試験午前対策
コンサル関連 → コンサル日和

といった具合に、分けました。

一気に倍増した訳ですが、目的ごとに分けたことにより、より管理しやすくなったとも言えます。
今まではごちゃごちゃしすぎて、エントリを書きにくかったことも、書きやすくなるのかなと。

アウトプット量を2倍、内容の質を2倍にしていくつもりです。
今後とも、よろしくお願いします。

おかえりさない>3.14

  • Posted by:
  • 2008年2月15日 22:52

[学習指導要領案]40年ぶり授業増 「3.14」完全復活

 文部科学省は15日、小中学校の学習指導要領案を公表した。主要教科と体育の授業時間約1割増に伴い、理数を中心に約40年ぶりに学習内容も増加。学習内容が約3割削減された現行学習指導要領下での学力低下批判を強く意識した内容になった。また、教育基本法改正後、初めての改定となり、道徳や古典指導が充実されるなど同法の理念が色濃く反映された。文科省は09年度から算数・数学と理科を先行実施し、授業時間と学習内容を増やす方針。

 学習内容の増加は小学校68年改定、中学校69年改定以来となる。指導要領の改定はほぼ10年ごとに行われており、全面改定は戦後7回目。文科省は15日から1カ月間のパブリックコメント(意見募集)を行い、3月末に告示する。小学校は11年度、中学校は12年度に完全実施する予定。高校の指導要領案は08年秋に公表する。

 指導要領案では、ゆとり教育の象徴的存在だった「総合的な学習の時間」の総授業時間を最大150時間削減し、算数を142時間、数学を70時間増加させた。理科は小学校55時間、中学校95時間増やした。学習内容の増加割合を授業時間数で換算すると、現行よりも算数・数学が約15%、理科が約23%増える計算になる。

 また、ゆとり教育批判のやり玉に挙げられた小学校算数の円周率について現行の「3.14を用いるが、目的に応じて3を用いてできる」という規定を「3.14を用いる」に変更。「台形の面積の求め方」(小学校算数)や「イオン」(中学校理科)を復活。学習内容を学年間で重複させる繰り返し学習も重視した。

何かと、ゆとり教育とセットにされてきた、円周率なんですが、3という数字は六角形と同じなんです。
まず、一辺が1の正三角形を6つ並べて、正六角形を作ってみましょう。
すると、一辺が1の正六角形なので、周囲長は6になります。
一辺が1の円の円周は、(1+1)×3で6。
ほ~ら、一緒です。
でも、六角形と円は全くの別物。

ちなみに、正57角形で円周率は3.14になります。
ここまで来ると、角があると言っても、ほとんど円にしか見えないです。
このように、角をどんどん増やして円に近づけていったことで、円周率は求められました。

私は、ゆとり教育そのもの全てが悪いとは思わないのですが、そもそも円周率って何なのよ?という基本的な部分を、教育方針を決定する立場の人が全く理解していないことが問題なのだと思う。
どうせ、「小数点以下覚えるの面倒くさいから、切り捨てちゃおう」とか、その程度の議論しかなかったことは容易に推測できてしまうのです。
これは円周率に限ったことではなく、物の考え方の深さを浅くするような教育方針は、今後ともやめるべきでしょう。

教育は国家百年の計。
次の世代にきちんとバトンを渡せるよう、大事に考えてもらいたいものです。

ギョーザ事件で不思議に思うこと

  • Posted by:
  • 2008年2月 8日 23:49
  • 雑記

[中国製ギョーザ]袋内から殺虫剤検出 中国での混入確実に

 中国製冷凍ギョーザの中毒事件で兵庫県警は7日、大阪府枚方市の小売店から返品された冷凍ギョーザ11袋のうち新たに2袋から、有機リン系殺虫剤メタミドホスを検出したと発表した。ともに未開封で、1袋はパッケージの外側だけに付着。もう1袋は内側からも検出し、パッケージに穴はなかった。一連の事件で、完全に密封状態のパッケージの内側からメタミドホスを検出したのは初めて。中国での製造過程で混入したことが確実になった。 

とのことですが、中国で混入されたことが確実なんて言えないですよ、毎日新聞さん。
確実ということは、可能性が全く無いということでしょうけれど、日本国内でも十分可能なんですけど。
と思ったので、書いてみます。
私がちょっと考えた程度で思いつくほどなので、他にもいくつか手はあると思います。
被害者が出ている事件ですので、安易な報道はやめてもらいたいものです。


まず、餃子の具、皮、パッケージ、ダンボールに至るまで、全く同じに作ったものを日本国内で用意します。
そして忘れていけないのが毒物ですが、これは日本国内で流通しているものではありません。
なので、作ります。そもそも殺虫剤として使われる物質なので、それなりの設備があれば可能でしょう。
これらを使って、天洋食品で作られたものと全く同じものを偽造します。
このときに、大事なことなのですが、天洋食品でいつ製造され、それがいつどこで売られるかを知っておく必要があります。それが分かったのなら、製造日をパッケージに印字しておきます。

そして、中国製のギョーザが日本に到着した後に、このダンボール詰めされた毒入りの偽造品を本物とすりかえるか、販売店や物流センターで入荷後に倉庫に勝手に積んでしまいます。
入荷時には伝票で数量をチェックするが、入荷後はいちいちチェックしないという心理的な盲点をついています。

この方法には、いくつかの問題があります。
まず、準備が大掛かりであるという点。材料をいろいろ準備しないといけないので。
そして、流通させるために、複数人数が必要になります。
港ですりかえたとしても最低2人。物流センターや販売店ですりかえたり、勝手に積んだのならもっと人数が必要でしょう。
ある程度の偽造能力を持った組織的な犯行なら可能といえるかもしれません。
現実的には、可能性が大変低いと思われるのですが、だからこそ完全犯罪が可能です。

逆に、中国で混入されたとする場合、いくつかの不審な点が浮かんできます。

まず、問題の製品のいくつかに穴が開いていたこと。
材料から混入したのなら、わざわざ穴を開ける必要などありません。
もし、材料で混入し、皮にも塗り、袋の外部にも塗り、穴まで開けるなどということをすれば、当然人の目につきやすく、自分が捕まるリスクが大幅に高まります。
これから犯罪を犯そうとする人間が、リスクの高い行動を選ぶとは考えにくいです。

次に、毒物が餃子とパッケージから検出されたこと。
毒物を食べさせて相手を殺すつもりなら、パッケージにベタベタするような毒を塗る必要はありません。
餃子の具に関しても、わざわざ目につきやすい工程で混入するのではなく、パッケージ後に注射器で注入するとか、目立たない方法はいくらでもあります。
あえて具や皮に混入しているのには、なにか理由(中国で混入しているとしか思えないようにさせる)があるのかもしれません。

そして、検出された薬品はいずれも日本で認可されていないものばかり。
ただの偶然かもしれませんが、必要以上に中国に目を向けさせる力があります。
メタミドホスは中国でも使用・販売が禁止されており、過去に使われていたため入手は可能でしょうが楽という訳でもなく、わざわざこの薬物をチョイスした理由が分かりません。

ついでですが、天洋食品側で従業員とトラブルがあったとか、そういう報道もあったので、一見すると動機なのですが、外部に真犯人がいたりすると、犯人に仕立て上げる絶好のターゲットとなります。
なんというか、天洋食品に隙がありすぎて、かえって不自然な感じがします。

というのが、私の見解なのですが、それでも客観的に判断して、日本国内での混入の可能性は1%未満だと思います。
が、どうも状況に不思議な点が多く、気持ち悪い感じがあります。

一日も早く犯人が逮捕され、真実が明らかになるといいですね。
徹底的に解明し、再発防止に繋げてもらいたいものです。

TERU語録

  • Posted by:
  • 2008年2月 7日 23:04
  • 雑記

てる語録

GLAYのボーカリスト、TERUさんなんですが...かわいいと評判なんだそうです。
かわいいといより、どっちかというとイケメンなのでは?と思ったのですが、語録を見て納得。
昔からファンだったけど、別の意味で好きになったかも。

これからも頑張って、いい曲を作ってください。心から、応援します。

モノづくり産業の終わり

  • Posted by:
  • 2007年11月20日 18:43

[仮想世界の住人日記]モノづくり産業の終わり

以下、一部抜粋して引用しています。


モノづくりの日本とか言ってテレビなどに流れる度に、マスコミが世間に対して慰めをかけている程度にしか感じないのは自分だけかな?この言葉で元気づく世代は昔の日本成長をモノづくりに専念することで支えてきた人達だけだと思うのだが。。。

世界の先進国は昔モノづくりで栄えた国も、今では金融中心の産業だったりする訳で、とっくの昔に日本だってそういう立場に立っていることに気がついていないだけなんだろう。

どう考えたって、途上国と今の日本が生産性で勝負できる訳が無い。国内にモノづくりで新たな雇用もでない、人工は減少していく、軍事力もない、農業国にもなれない、そうなれば金融経済中心にならざるを得ないのでは???と考えたりする。

まったくもって、その通りだと思うのです。

私が子供の頃、学校で以下のようなことを習いました。
1.日本は材料を輸入し、加工して売る加工貿易によって成長している
2.日米間の貿易は日本の輸出量が多く、アメリカは赤字となっている(日米貿易摩擦)

かつて日本は為替レートの関係もあって、安くて高性能な製品を海外に売ることによって、外貨を稼ぎ、それによって成長していたわけです。
ところが近年、安価な製造業は中国や東南アジアなどに移行しつつあります。
日本もかつてのアメリカのように、これらの国々にお金を支払っている訳ですが、その立場の変化に気づいていない人が多いように思います。

では、アメリカはどうだったかと言えば、かつては「貿易摩擦」という言葉で日本の輸出に圧力をかけていましたが、今は日本に規制緩和を押し付けて内需拡大を誘導するといった形で、これを解決しようとしています。また、貿易に頼らず外貨を稼ぐ方法として、海外投資に移行しつつあります。モノ造りによって栄えたアメリカの産業は金融になりました。

サブプライムローンの問題を見てみても、アメリカの株価が下がるのは当然として、日本は円高になったから下がるという状況。
しかも下落率はアメリカ以上だったりする訳で、いかに日本経済が輸出に頼っているか分かるというものです。

今後の少子化を考えると、日本のとるべき道は金融しかないように思います。

国立国会図書館に行ってきました。

9/29のブログで書いた、ソフトウェアメトリックスを本格的に調べようと思ったものの、近所の図書館には見当たらなかったため、国立国会図書館に行ってきました。
国立国会図書館とは、唯一の国立図書館で、国内で販売している全ての書籍を保存しているとのこと。

こんな書籍もきちんと保管してあります(謎)

画像の確認

国立国会図書館は、全ての書籍を保持していることが前提なので、貸し出しをしておらず、館内のPCから予約をして受付で受け取る形となっています。
しかも受け取れるまでに結構時間が掛かるので、受付前は病院の診察待ちみたいな状況になってて面白いです。
書籍のコピーも著作権保護の関係上、申請をしてコピーしたものを受け取るという仕組みになっているので、コピー室の職員さんは忙しそうでした。
このコピーは書籍と対象ページが分かっていれば、インターネットで申請し、郵送で受け取ることもできますので、興味のある人はやってみるといいかもしれません。

自由気ままに生きるということ

ブログのタイトルにもなっている、Libertyには、自由とか気ままとか、そういう意味があります。
Freedomではなく、Libertyにしたのは、気ままという言葉が好きだからです。
それに、少年の心を持ち続けたいという意味をくっつけて、LibertyBoyと命名しました。

誰だって、自分の好きなことだけやって暮らしたいと思うし、嫌な仕事なんてしたくないと思います。
自由気ままに生きるということは一見すると簡単のように思えます。
でも、現実はそう上手くいかないようにできています。
世の中には様々な仕組みがあって、それに逆らうといずれ損をするようにできています。
唯一の方法は、なんらかの力(知力、運、財力など)を持つことでしょう。

だから、自由気ままに生きるということは、大変な覚悟が要ります。
親から受け継いだ力が無いのであれば、相当の努力をする必要があります。
間違えてはいけないのは、ただ仕事をすることが努力ではありません。
毎日遅くまで残業していることは、確かに頑張っていますが、努力とは違います。

努力を辞書で引くと、「心をこめて事にあたること。骨を折って事の実行につとめること。つとめはげむこと。」
と書いてあります。励むこと、実行することが大事です。

自由気ままに生きるために、目標を持つこと。
自由気ままに生きるために、知識・技術を身に付けること。
自由気ままに生きるために、行動すること。
をスローガンとして、頑張っていこうと思っています。


ブログ開始から1年以上経って、今頃こんな話を書いたのには訳があります。
今年最初のエントリで、10月法人化のお話を書きました。
結果から言うと、たくさんの方から応援していただいたにも関わらず、これは実現しませんでした。

でも、私はこれで終わりだとは考えておりません。
失敗したと思ったときが失敗なのであって、仕切りなおして何度でも挑戦することができるからです。
法人化はできませんでしたけど、10月より屋号を変更し、プログラマ・SEからコンサルタントへの本格的な転換を図っていくことにしました。
HPはほぼ出来上がっているのですが、公開するまでは少々お待ちください。

今後とも、長い目で応援していただけたら幸いです。

シャープ、「フルセグ」ケータイ開発へ

なんか、すごいニュースが...

シャープ、「フルセグ」ケータイ開発へ


 シャープは22日、「フルセグ」と呼ばれる一般のテレビ向けの地上デジタル放送を受信できる携帯電話の開発に乗り出したことを明らかにした。数年後の実用化を目指しており、携帯型テレビ、電子辞書といった製品にも生かす考えだ。

 携帯電話には、すでに「ワンセグ」という携帯端末向け地デジ放送を受信できる機種が実用化されており、電子情報技術産業協会(JEITA)によると国内出荷台数は7月までの累計で1177万5000台。7月単独の出荷台数では、前年同月の6倍にあたる187万台と携帯電話全体の36.6%を占める。

 ワンセグは従来のアナログ放送より画質が向上しているものの、1秒間に15コマの画像しか受信できない。4倍の60コマを受信可能なフルセグに比べ、画質の繊細さや滑らかさで見劣りするという。

 このため、地デジ放送受信用チューナーのデバイス(部品)開発を手がけるシャープは、フルセグ受信用チューナーに組み込む集積回路(IC)の開発に着手。今のところ、携帯端末用としては大きすぎるサイズ(縦5センチ、横4センチ、厚さ1.5センチ)の小型化を図ると同時に、消費電力を端末のバッテリーでまかなえるよう研究を進め、厚さ数ミリ程度の切手サイズまで縮小することを目指している。

 このICを使えば携帯電話以外にも携帯型テレビやノートパソコン、電子辞書でフルセグの地デジ放送を楽しむことができるといい、業務・資本提携を発表したパイオニアが得意とするカーナビゲーションシステムにも提供する見通しだ。

 現在、放送局はワンセグとフルセグで同じ番組を流しているが、来年秋以降、ワンセグ向けの独自番組を放送することも検討されている。

 このため、シャープでは「双方の放送の受信機能を持つことが利用者の選択肢を広げる」とみている。

なんで、パイオニアの株を買ってるのかなあ?と不思議に思っていたのですが、こういう目的(カーナビ)があったのですね。
実現したらすごいなあ。

FizzBuzz問題

使えないプログラマーさんのところで、面白い記事を見つけました。

使えないプログラマー: FizzBuzz問題

元ネタはこちら
どうしてプログラマに・・・プログラムが書けないのか?

以下、引用


かなりの試行錯誤の末に、コードを書こうともがいている人たちというのは、単に大きな問題に対して苦労しているのではないことがわかった。やや小さな問題(連結リストを実装するというような)に対して苦労するということでさえない。彼らはまったくちっぽけな問題に苦労しているのだ。

それで、そういった類の開発者を見分けるための質問を作り始め、私が「Fizz-Buzz問題」と呼んでいる問題のクラスを考え出した。これはイギリスの学校の子供たちがよくやっている遊び(というかやらされている遊び)にちなんで名付けた。Fizz-Buzz問題の例はこんな感じだ。

1から100までの数をプリントするプログラムを書け。ただし3の倍数のときは数の代わりに「Fizz」と、5の倍数のときは「Buzz」とプリントし、3と5両方の倍数の場合には「FizzBuzz」とプリントすること。

ちゃんとしたプログラマであれば、これを実行するプログラムを2分とかからずに紙に書き出せるはずだ。怖い事実を聞きたい? コンピュータサイエンス学科卒業生の過半数にはそれができないのだ。自称上級プログラマが答えを書くのに10-15分もかかっているのを見たこともある。

すぐ思いついたので、C#で書いてみた。


using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Text;

namespace FizzBuzz
{
class Program
{
static void Main(string[] args)
{
// 3の倍数のときのメッセージ
const string MultipleOfThree = "Fizz";

// 5の倍数のときのメッセージ
const string MultipleOfFive = "Buzz";

StringBuilder message = new StringBuilder();
for (int i = 1; i <= 100; i++)
{
if (i % 3 == 0)
{
message.Append(MultipleOfThree);
}
if (i % 5 == 0)
{
message.Append(MultipleOfFive);
}
if (i % 3 != 0 && i % 5 != 0)
{
message.Append(i);
}
message.AppendLine("");
}

Console.Write(message.ToString());
}
}
}

改めて見てみると、3と5両方の倍数の場合の表示方法はちょっとまずいのかもしれないと思えてきた。
このケースでは結果的に問題は無いのだが、仕様変更して「HogeMoge」にしろと言われたらロジックが変わってしまうからです。
使えないプログラマーさんのところで書かれているように、「FizzBuzz」と素直に書く(さらに言えば定数にするのがベターかと)のが正解かと思います。

みなさんの作ったコードはいかがでしょうか。

年金問題

  • Posted by:
  • 2007年7月 8日 22:04
  • 雑記

先日、実家に行ったときに、母の厚生年金が全て未納扱いになっていたことが判明。

幸いなことに会社がまだ存続しており、支払い記録が残っていたため事なきを得ましたが、身内にまで及んできたこの問題、なんか気になってきたのでIDを申請しました。

が...2週間以上経つのに、何も送られてきません。
社会保険庁って、本当にダメダメですね!

創業セミナー2週目

今日のテーマは、経営戦略、マーケティングです。

開業した後、重要になるテーマだと思うのですが、どういう訳か休み時間になる度に人が減っていき、終了時点では半分になっていました。
ひょっとすると帰らなければならない事情がある人もいるのかもしれませんが、セミナーがある事は最初から分かっていたはずだし、本当に起業したいなら予定なんか入れちゃダメだと思う。

そういえば先週のお話で、「過去に170人以上受講していて、実際に数人が開業している」という話があり、「数人」って意外と少ないなあと思っていたのですが、結局はこういうことなんですね。
ひょっとすると、最終日に残っている人は結構少ないのかも...
私個人としては、大変面白くて有意義になると思っているので、最後まで頑張っていきます!

経営戦略、マーケティングのいずれも、行き当たりばったりではなく、地に足の着いた経営をする上では必須だと思う。
今考えているビジネスモデルは、まだ公開できないのですが、もっと精査したらご紹介したいと思います。

創業セミナー1週目

浦安市が主催する創業セミナーに参加してきました。
今日から、毎週土曜日に全5回で行われます。

本日は初日ということで、創業の基礎知識、事業計画立案の基礎を学んできました。
このあたりは事前に予習をしていったのですが、やはりプロの先生方のお話は目からウロコでした。
おかげで、現在作成中のビジネスモデルがより精錬されたものとなりました。
詳しくはまだ書けませんけど...

セミナーは勉強の場ではありますが、内容がとても面白く、来週からの講義もとても楽しみです。
創業することは確かに大変だけど、面白さも十分あります。
自分自身で作り出した価値観がどう評価されていくのか、ワクワクします。

10年前の姿

  • Posted by:
  • 2007年6月15日 00:19
  • 雑記

来月でパスポートの有効期限が切れるという話をしていたら、妻が10年前の写真が見たいと言ったので見せた。

若いと驚かれた。そりゃそうだろう...orz

娘に見せたら、不思議そうな顔をしていたので、「これ誰?」と聞いたところ、
「分からない」と真面目な顔で言われました....orz

ほんと、もう痩せるしかないですね。

数独世界大会

  • Posted by:
  • 2007年6月14日 23:37
  • 雑記

R25に数独の世界大会受付の記事がありました。

これは参加するしか!!
と思ったのですが、起業セミナーの最終日とぶつかっているため、泣く泣く断念。
世界大会ともなると、相当なレベルの人が集まることが予想されるので、本当に残念です。

来年もやってくれるといいのですが...

風邪ひきました

  • Posted by:
  • 2007年6月 1日 22:42
  • 雑記

娘がどこからか風邪をもらってきたのをうつされました。orz

職場でうつしまくる訳にもいかないので、今日はお休みをとりました。
ごめんなさい。

上杉鷹山

上杉鷹山 ~二百年前の行政改革~
上杉鷹山 ~二百年前の行政改革~

私が歴史上最も尊敬する人物、上杉鷹山をNHKがドラマ化したものです。
私の仕事の考え方、教育の考え方、お金の考え方は、実は上杉鷹山の影響をかなり受けています。

1998年のお正月にNHKで放送されたのですが、鷹山ファンの評価が大変高く、DVD化されていたようです。
ビデオに録画されていたものは引越しの際に行方不明となり、もう見ることは無いと思っていただけに、まさかの事態に涙しました。
Amazonのカスタマーレビューも★★★★★となっており、ファンなら垂涎の一品なのですが、私はつい最近までDVD化のことを知らず、売り切れ間近の今になって、ようやく入手するありさまでした。orz

赤ちゃんポスト

赤ちゃんポスト運用初日に3歳児が入れられたことについて、賛否両論出ているようですが。

まあ、どちらの言っていることも一理あり、どこまで行っても平行線だろうと思う。
どちらが間違っているというより、運用方法に問題があるのだろうという気がする。
今のままでは捨て子を助長するだけでしょう。

夜のニュースで、この話題を見ていた娘が泣き出しました。
自分も捨てられると思ったのか、捨てられた子の気持ちを思ってかは分からないけど、ショックだったことは事実だと思う。
この赤ちゃんポストは大人の都合であって、子供の都合を無視したものであることを改めて痛感し、私もショックを受けたのである。

TDLに行って来ました

今日は誕生日...なんですが、実は結婚記念日でもあります。

私はやたら物忘れが激しく、今まで馴染みの薄かった日に結婚なんかしたらすぐ忘れそうな気がしたので、30歳の誕生日に入籍したのです。
良かったことは、目的通り結婚記念日を忘れないこと、結婚何年目かすぐに計算できること。
良くないことは、「結婚記念日>誕生日」な扱いなこと(汗)。

ということで、今日は家族で東京ディズニーランドに行って来ました。
私は浦安在住ということもあり、車なら5分ほどで行ける距離なのです。

娘は「イッツ・ア・スモールワールド」が大好きなので、3回も乗るハメに!
そういえば、「イッツ・ア・スモールワールド」内で、いつの間にかスティッチがサーフィンしていました。
去年来たときは居なかったような気がするが...

娘はその後も疲れを知らず、はしゃぎ回っていました。
去年来たときは、パレード前に寝てしまったのですが、今回は最後まで頑張れました。
体力付いてきたなあ。
何度もミッキーやミニーと遭遇したし、なんかビーバーみたいなキャラと写真を撮ることもできました。

さあて、明日からまた頑張ろう。

30代後半

  • Posted by:
  • 2007年5月 8日 23:58
  • 雑記

明日は35回目の誕生日です。
日本の法律では、誕生日の前日に歳をとることになっているため、本日で35歳となった訳です。

ついに30代後半に突入なのですが、もうすぐ起業することもあって、期待と不安がいっぱいの5年間となりそうで楽しみです♪
そういえば、ちょっと前まで若手扱いされていた気がするんですが、気付いたら宴会のときに最年長だったりすることも多くなってきました。
少しづつではありますが、社会的な役割みたいなものが出てきたのを実感しています。
いつまでもバカやってられないなと。

カップメン買ったら

  • Posted by:
  • 2007年5月 2日 11:39
  • 雑記

サッポロ一番のカップメンを買ったところ、麺の一部が欠けていました(1/3くらい)

別に気にしていなかったものの、サポートセンターがどんな反応するのか興味があって、電話してみました。
対応は大変親切で、代わりの商品を送ってくれるとのこと。
というのが、昨日の午前中の話。

今日の朝、宅急便が届いたので、何かなと思ってみたら、カップメンでした。
ダンボールの中には、カップメンが4つ。それと謝罪文。
対応早いなあ。

なるほど、売れているメーカーはこういう努力をしているのだなあと感心。
サッポロ一番大好きです。

最近読んだ本

ここ2ヶ月くらい、古本屋で本を買いまくっているのですが、試験勉強を優先していたため、溜まっている未読の本を消化すべく、読みまくっています。

どんな本を読んでいるのか、ちょっと紹介します。

金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さん貧乏父さん

今更?と言われそうなほど有名な本ですよね。
会計事務所で働いていた父は、「負債も資産だ」と、よく言っていたわけですが、その負債によって破産するに至ったのでした。
負債と資産は当然の事ながら、バランスシート上では明確に分類されているものの、実際のお金の流れとしては混同されることも多く、このあたりを分かりやすく説明している本は少ないです。
この本は、金持ち父さんが語ってくれるストーリーを中心に、お金の流れを分かりやすく図示していて、リアル貧乏父さんを持つ身としては、大変有意義な書籍でした。



成功前夜 21の起業ストーリー

成功前夜 21の起業ストーリー



一般的に成功者と言われている、起業家のサクセスストーリーです。
サンクチュアリの直江氏が、出資してもらうため血判状を作った話は身震いがしました。
やる人はとことんやっているなあと思う一冊。
気分がたるんでるなあと思うときに読むといいかもしれません。
熱いですが、21人も紹介しているため、それぞれの話が短めです。
上下巻にしてもらいたかったです。



起業前夜―夢を追え!ベンチャー11人の挑戦

起業前夜―夢を追え!ベンチャー11人の挑戦



これも似たような内容なのですが、成功前夜よりも内容が深いです。
しかし、それほど熱いものは伝わってこず、後半はちょっと飽きてきます。
うっかり、2冊買ってしまい、落ち込んでいます。

緊張性頭痛

  • Posted by:
  • 2007年4月 9日 23:43
  • 雑記

以前より悩まされている緊張性頭痛が再発です。

原因は肩こりなので大変分かりやすいのですが、とにかく頭が痛くて辛いです。
次の日曜は情報処理技術者試験なので、なんとか体調を万全にして受けたいと思い、久しぶりにマッサージに行ってきました。
30分ほどマッサージしてもらったのですが、まだ頭が重い...

一週間憂鬱です。

格差社会

  • Posted by:
  • 2007年4月 4日 00:43

“格差”の広がりで1年ごとに20万人が自己破産

最初に言っておきますが、私は下流家庭で育ちました。
食うに困る時期もありましたし、父親は自己破産して失踪しています。
残念ながら、他にも普通の人がしなくてもいい苦労をたくさんしていると思います。
そういう立場から見ると、学者の方が「格差」で騒いでいる感覚とどうも違うんですよね。

格差が再生産されると言われているのは実際にそのとおりですが、単純に子供の教育費だけ見るのは間違い。
教育費を掛けたかではなく、何を学んだかが重要だと思います。データだけ見てもダメです。
例えば、塾に行かせるお金が無かったとしても、親が勉強を見てあげるとか古本屋で本を買い与えるとか、いくらでも工夫ができます。全てお金に頼るのではなく、工夫することが大事。

格差が再生産される最大の理由は、お金の使い方に対する教育だと思います。
お金の使い方は親と同じか正反対になる傾向があるそうです。
これは親が特に教えなくても、その家庭で育つことで自然と身に付くものです。
私の場合は、父親と同じ使い方をしたら自分も破滅すると思っていましたので、正反対タイプでした。

ところが10年ほど前、少しまとまったお金を手にすることがあったのですが、どうやってお金を使ってよいのか分からずパニックになったことを覚えています。
(結局お金は競馬ですってしまいましたが、そのときに目が覚めたので授業料だったと思うことにしています)
このとき、親と同じでも正反対でもダメだということを理解しました。
つまり、貧しい家庭で育った人は有効的なお金の使い方をできず、やはり貧しい生活をすることになり、逆に裕福な家庭で育った人は、生きたお金の使い方で裕福になりやすいのではないでしょうか。
これが格差再生産の根本的な原因です。
この原因を解消する一番簡単な方法は、お金の教育をすることなのですが、学校では教えてくれません。
なぜなら先生も教えてもらっていないからです。

貧困層から抜け出したいと思うのなら、ただがむしゃらに働くだけではいけません。
なぜなら、この世の中は裕福層によって作られているため、抜け出しにくいように出来ているのです。
裕福層の作ったルールによって動いているのなら、そのルールを理解する事が大事だと思います。

起業に必要なもの

日本社会で起業するため本当に必要な9つのモノ
あなたが起業するのに本当に必要な9つのモノ
自分らしく働くために本当に必要な9つのモノ

ブルーオーシャンとか、ロングテールとかの話はどれも共感が持てます。
一部の企業が大成功したモデルを真似たところで、そうそう上手くいくはずもないです。
だからこと、ブルーオーシャンであり、ロングテールなのだと。

先日の起業応援フェアで、熱くビジネスモデルを語っている人を何人か見かけたのだが、みんなこのタイプだったことを思い出しました。
「mixiと***のサービスを合わせたようなサイトを立ち上げて、広告収入を得る」だとか、「ビジネスはヒトだ。私にはヒトがいっぱいいるから大丈夫」とか、大体みんなそんなことを言っていた。
というか、本当に儲かるビジネスモデルなら、他人に聞こえるように言わない方がいいと思う。
その時点でもうダメ。
誰かが儲かっているモデルをそのままやろうとしてるところでダメ。
最後はヒトに頼ろうという姿勢がダメ。
夢を追いかけるのは大事だと思うけど、こういうバランス感覚って、とても重要だと思う。


とはいえ、会社を作るっていう理由は人それぞれな訳で、どれが正しくてどれが間違っているとは言えないんですよね。
例えば何も予備知識無しでいきなり起業してしまって、それでも成功してしまう人もいるし、逆の場合もある。

大事なことは、現在位置を見失わないことだと思います。
自分の現在位置を見失っている場合、どんなに立派な目標があってもたどり着くのは難しいでしょう。
※ ここで言う現在位置には、いわゆる「ヒト」、「モノ」、「カネ」などを意味します。
その上で、自分はなぜこのポジションにいて、これからどう行動していくのかという理由付けが大事だと思うのです。

どんなに素晴らしいアイディアがあったとしても、この現在位置を間違えることで資金繰りが悪化したり、人間関係がもつれたり、不良在庫に悩まされることになるのではないかと思う。
決して無理をせず、それでいてチャンスは逃さない、そんな経営が私の理想です。

長い人生、焦ることは無いのです。
タイミングが合わないときは、合うようになるまで待つのも戦略だと思う。
じっくり考え、しなやかに行動する。
なんか風林火山に似ている。

選挙

  • Posted by:
  • 2007年3月28日 22:22

都知事選が盛り上がっていますね。
発明家やら、国家転覆を企ててる人やら、風水師やら、なんだかにぎやかです。
私は東京都出身ですが、残念ながら東京都まであと1キロってところに住んでいるので見てるだけですが。

発明家の方は、北朝鮮のミサイルを発明によって、Uターンさせるんだそうです。
都知事なんかやってるより、そっちの研究をしっかりやってほしいと思いました。

東京都だけではありません。
かの、羽柴誠三秀吉さんは夕張市長選挙に出るようです。
しかも、200億の私財のうち、100億を寄付するつもりだそうです。
夕張の債務は600億ほどだそうで、100億ではどうにもなりませんが、それでも焼け石に水ってことはないです。
相当負担が軽くなるはずで、今回ばかりは泡沫候補とはならないかもしれません。

GoogleAnalyticsを入れてみました

  • Posted by:
  • 2007年3月24日 20:10

いまさらなんだけど、入れてみました。

このGoogleAnalyticsって、もともとは有料サービスだったものをGoogleが買収したとかそんな感じだった気がします。
さすがに有料だっただけあって、機能は盛りだくさん。

こうやって、Google教に洗脳されていくのであろう...


ところで、爆裂!C#野郎の訪問者数が200近い状態になっているという事実を知りました。まさかそんなに多くの人が見ているとは!
大して爆裂してないなとか思っていたのですが、静かに爆裂していた模様。
このサイトも100近いところまで来ている。
エントリ数はC#野郎の方が圧倒的に少ない訳だが、LibertyBoyは内容が薄いということであろうと推測。
ビリーとのふれあいなんて読む価値が無いということだ。 orz

ところで、訪問者>ページビュー数 になるのは何故なのでしょう???

Continue reading

エントリを整理しました。

  • Posted by:
  • 2007年3月22日 12:33

タイトルのとおり、重複したエントリを整理しました。

技術情報は爆裂C#野郎
試験情報はIT試験受験日記

に残す形としました。
お探しの情報が削除されている場合は、上記リンクから辿ることができると思います。

起業応援フェア

先週のR25を見たら、起業応援フェアなるイベントが池袋で開催されるとあったので、慌てて予約して行ってみました。

本当に聞きたいプログラムは予約時で既に満席となっていたのですが、残ったプログラムもなかなか面白いものでした。
最近、起業に関する本を読みまくっているので新たに学んだことはほとんど無かった訳ですが、実際に起業家の話を聞いているとモチベーションが上がりますね。なんたって自分と同類な訳ですから。
よくよく考えてみると、仕事の考え方で「ああ、そうそう」と頷けるというのは、あまり経験がなかったのかもしれません。

さあ~やるぞ~♪(まだ半年以上も先だけど...)

アドバイザー始めました

先週からなんですが、アドバイザーの仕事を始めました。
活動時間が休日や定時後なので、仕事と言うよりアルバイトに近いかもしれませんが...

仕事の内容は、設計やプログラム構造に対してのアドバイスを行うといったものです。
アーキテクチャ方面の需要がありそうなので、ちょうどスキルと合っているんですよね。
まだまだ手探りなので、これからどうなるのか分かりませんが、10月目標の起業までにビジネスとして成り立つような形にしたいと思ってます。

ホリエモン実刑判決

  • Posted by:
  • 2007年3月17日 12:54
  • | 雑記

ついに判決が出た訳ですが、実刑ですか。

ホリエモン想定外の実刑 懲役2年6月
ネットでは「日興の方が悪質」 ホリエモン実刑に批判

ライブドアという大企業が粉飾決算という悪質な犯罪を行っていた事は事実で、社長として責任を負うという点については十分納得できることなのですが。
やはり巷で言われているように、日興の方が証券会社という立場を考えると悪質な訳で、なぜ日興の取締役が逮捕されないのかは不思議でなりませんね。
今後の裁判の行方にも注目ですね。

疲れてるのかな?

  • Posted by:
  • 2007年3月 9日 23:25
  • 雑記

仕事中、突如としてモホロビチッチ不連続面という言葉が急に浮かんできた。

ええい、ジャマだ!
と、なんとか頭から消し去ると、今度はグーテンベルク不連続面という言葉まで浮かんできた。

なんで急に浮かんできたんだろ...疲れてるのかな?

科学者にも起業家精神が必要

  • Posted by:
  • 2007年2月21日 01:56

科学者にも起業家精神が必要――Googleのラリー・ペイジ氏
グーグルのL・ペイジ氏:「科学者はもっと自分の研究の宣伝活動を」

米Googleの共同設立者、ラリー・ペイジ氏(Googleのページランクのページは彼の名前が由来)ですが、とてもいいことを言っています。
「世界的な問題を解決する方法について議論しよう。人々が本気で取り組むようにしよう」
「そんなに難しいことじゃない。科学者は、ビジネスと起業家精神はいいことだと考える必要がある」

私は科学者ではありませんが、理科系エンジニアとして共感できる部分が多くあります。
テクノロジーが人を豊かにする、地球環境を変えるといった考えだけでなく、これを実行するための行動として起業精神が求められていくと思っています。

特に今後は環境問題(温室効果ガス削減問題等)が注目を集めると考えられ、これをビジネス化することで環境対策を加速していくことが肝要ではないでしょうか。
まずは小さなことであっても、自分たちでできることを探し出し、ビジネスにつなげていくことが大事です。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

バビル二世

  • Posted by:
  • 2007年2月20日 00:38
  • 雑記

東映アニメBBプレミアム:バビル2世
なんか凄く懐かしいんですけど。
1973年に放映していたアニメです。
1話だけは無料で見れるので、是非一度見てみることをお勧めします。

TeraStationが帰ってきました

  • Posted by:
  • 2007年2月 8日 22:59

TeraStationが修理から帰ってきました。
箱を開けてみると、修理内容が書かれた紙が一枚入っており、原因は本体基盤の不具合とのこと。
修理内容は「本体を交換した上で、データをコピーしておきました」とあったので、とりあえずデータも無事でした。

もともと、TeraStationを購入したのは信頼性のあるバックアップを取りたかったからなんですが、思わぬ落とし穴があったと反省です。
TeraStationはRAID5が可能なので、ディスク1台より信頼性があるかなあと思い込んでいた訳ですが、RAID5の場合、データを各ディスクに分散するため、コントローラが壊れると全てのデータが読めなくなります。

まあ、最終的にはデータが全て戻ってきた訳ですが。
また一つ勉強になりました。

眩暈

  • Posted by:
  • 2007年2月 6日 12:18
  • 雑記

最近、どうも眩暈がします。
速読でやたら本を読みまくっているので、脳が疲れているのかもしれません。
しばらく勉強をやめて、ゲームでもしてようかな。

K-1ワールドMAX2007~日本代表決定トーナメント~

  • Posted by:
  • 2007年2月 5日 23:46
  • 雑記

アンディ大金星!!小比類巻破った

久しぶりに良い試合がいっぱい見れたように思います。
谷川さんがいいところの無い選手をほめるときに良く使う「いやあ、ハートがいいですね!」も全く出ず、どこで使ってくるかなあと密かな楽しみにしていた私には、少し寂しい部分もありましたが。

そして、なんと言ってもアンディが良かったです。
オロゴン一族の運動能力ってすごいですね。ローキックなんてムチのような柔らかい打ち方だったし、センスの良さが光ります。
格闘技経験半年だそうですが、小比類巻からダウンを奪うなどの大活躍でした。
その小比類巻は私が優勝候補だと思っていたので、ちょっと残念。元々骨折してたらしいので、次に期待ということで。

TeraStation続報

  • Posted by:
  • 2007年2月 1日 12:10

TeraStationPRO 「TS-HTGL/R5」シリーズ不具合のご案内
バッファロー、TeraStation Proにデータ消失の恐れ

ぐああ、これか???

> 対象製品は、「TS-H0.3TGL/R5」、「同1.0TGL/R5」、「同1.6TGL/R5」、「同2.0TGL/R5」の4製品。不具合の内容は、製品の起動/終了、再起動またはディスクチェックを行なうと、まれに起動時にエラーメッセージ(E04, E14)と表示され、フォルダへのアクセスができなくなったり、データが失われることがあるというもの。

と思ったら、機種が違うようです。
でも、症状が一緒な感じがするんですが...
再起動したら、E04とか出てたしなあ...
っていうか、データが失われることがあるって...(--#)
バックアップ目的で買ったんだけどなあ、コレ。

> 同社は対処法として、アップデート用ファームウェアVer.1.04を公開しており、アップデートを行なうことで解消する。また、更新前にデータのバックアップを行なうよう呼びかけている。

だから、バックアップ目的で買ったんだってばさあ(泣)

というか..

  • Posted by:
  • 2007年1月29日 12:28
  • 雑記

そういえば、ニンテンドーDSといい、どうも不良品を掴まされる確率が高いような気がしてきました...
やばい電磁波かなんかが体から出てるのだろうか...

バックアップ中

  • Posted by:
  • 2007年1月28日 12:21
  • 雑記

やはりバックアップは頻繁に取るべきだよなあということで、データをDVDなんかに焼いています。

つか、データ多すぎだなあ。(だからTeraStation買ったんだけど...)
で、やはりというか、一番大事なプログラム関連のデータは全て紛失した模様。
TeraStationのデータが無事に帰ってくることを祈るしかないようです。

本当に大事なデータはMOかなんかで長期保存できるようにしとこうかなと思いました。
CDもDVDもTeraStationも信用できなくなりました。
MOこそ、質実剛健なバックアップメディアであろう。
まあ、メディアが高いんだけど、データの価値の方がより高いので。

TeraStation故障

最悪の事態です。
TeraStationが壊れました。
バックアップを取ろうとした矢先だったため、バックアップはとってません(泣)

状況
・起動したら、HD3が故障とか出た
・再起動したら、HD2が見つからないとか出たが、HD3はエラーが起こらなかった
・さらに再起動したら、E04 : Can't Load Krnl!とか出てきた。用はカーネルの破損のようだ...
まだ10回くらいしか使ってないのにのにのに...

早速修理に出したものの、データが消去されないかは保証がないです。
というか、バッファローのHPには確認のために上書きでデータを書き込むため、データが消去されますとかナメたことが書いてあったり...やめれ...

メンテナンスしないとなあ~

  • Posted by:
  • 2007年1月26日 12:26

Movable Type 3.34日本語版の提供を開始

今のMTが3.2なので、早いところアップデートしないといけないなあと思いつつも、面倒くさくて放置していた訳ですが。
3.34までリリースがリリースされたので、このタイミングでアップデートしようかなと。

週末あたり、一時メンテナンス状態になるかもです。

出願しちゃうか

  • Posted by:
  • 2007年1月20日 19:13
  • 雑記

週末に、ある面倒くさいことをやらないといけないのです。
本当に面倒くさいのです。
面倒くさいので、家庭用の機器を買おうかなあとも悩んでいたのですが、高いので躊躇していたり。

で、面倒くさい、面倒くさいと頭の中で思っていると、ある考えが浮かびました。ピーン!
結構ニーズのある内容なので、実用化されれば大金が転がり込んでくる予感。
早速、特許検索してみると、どうやら公開はされていないようです。出願は既にされてるかもしれないけど...
これは出願するしか....

フレームワーク関連の開発は少し止まりそうな気もします(汗)

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

地球に優しいLibertyBoy

  • Posted by:
  • 2007年1月16日 12:28
  • 雑記

元米副大統領のアル・ゴア氏が訴える地球の危機

何を隠そう、私も環境問題を真剣に考える人間の一人です。
一人一人が今できることを行っていくことが重要だと考え、ごみの分別、ペーパーレス化などを実践しているのです。

特にペーパーレス化は環境問題だけでなく、コスト削減や作業効率向上も図れる可能性があり、起業を考える身としては無視できないところです。
具体的にはPDF化なんですけど、紙に印刷しないため保存場所に困らないし、文書を探すのが楽なんですよね。
もっと具体的な方法が確立した際には、また報告したいと思っています。

一方、私のような個人的な努力だけではなく、もっと大きな力で環境問題を考えようという動きも大きくなってきました。
我が日本では京都議定書という画期的な二酸化炭素削減目標を定めたものがありますし、自動車業界も地球環境に重点を置き始めてきました。
その反面、アメリカは京都議定書に従わない方針を示していて、元米副大統領のアル・ゴア氏はそれに批判しているんですね。
彼の講演をまとめた映画「不都合な真実」は世界的に注目を集めていますので、私も是非見てみたいと思います。

話のついでになりますが、地球温暖化を語る上で二酸化炭素が注目されているわけですが、他の温暖化ガスにも注目をする必要があります。
例えばメタンなどは、二酸化炭素の20倍くらいの温暖化効果があるとのこと。
日本のエネルギー問題とあわせて、メタンハイドレードの技術などももっと研究してほしいと思います。

甥の誕生

  • Posted by:
  • 2007年1月 4日 22:39
  • 雑記

本日、妹に男の子が産まれました。
昨日実家に帰ったときに、なんだか産まれそうな雰囲気だなあと思っていたので、特に驚きは無かったのですけどね。

報告を受けて、2年前に娘が生まれたときのことを少し思い出しました。(最近、昔を思い出してばかり...)
小さくて可愛くて、ずっと側にいたかったなあと。

娘の顔をじっと見る.....

うむ。娘よ、今でも変わらず大好きだよ!

10年の思い

個人事業を開業したのが1998年の10月1日になります。
なので、今年の目標に掲げている法人成りの予定日も10月1日に設定しています。

今でこそ、個人事業でバリバリやっていると思われていますが、当時は会社のリストラ対象リスト入りをしていて、パワーハラスメントを受けていました。
今年は開業10年目に突入するという節目ということで、いろいろと思い出してしまいます。

1997年は私が社会人3年目に入った年になります。
毎日が地獄で、早く辞めたくて、でも辞めてどうする?などの考えが堂々巡りになって抜け出せない時期がありました。
その頃、ネットで知り合った人に「会社辞めて、個人事業やってみたら?」と言われて、言われるがままに個人事業を目指すことにしました。地獄のような日々から早く抜け出したかったから。
意外かもしれませんが、薦められるまで「個人事業」という言葉すら知らなかったんですよね。
今にして思えば、なんて無茶なことをしたんだろうと。若いって素晴らしいですね。

いろいろ無茶もありましたが、やっぱり個人事業を開業して良かったと思っています。
鳥かごから放たれた鳥のように、無限の可能性を感じることができたし、誰にも邪魔されずやりたいことができたように思います。それでいて、いろいろな人に支えていただいて幸せだった。
法人成りを目指すのも、個人事業をバネにして、さらに高く飛び立つためなので、あのときの気持ちを思い出してエネルギーにしたいのかもしれません。

そういえば、私に個人事業を薦めたあの人は今何をしているのだろうと、ふと思って検索してみました。
神戸・岡本 香港スイーツカフェ 甜蜜蜜 tim ma ma & yuddy
あ、すごい。
IT関連だけでなく、喫茶店も経営してる...

これは負けてられないですね!

DS Liteが壊れました

  • Posted by:
  • 2007年1月 3日 23:14
  • 雑記

久しぶりに遊ぶか!と思ったら、電源が入りませんでした...まじか...

でも、まだ買って1ヶ月経っていないこともあり、初期不良ということで交換してもらえることになりました。
交換品が届くのは1週間ほど掛かるそうな...

須藤元気引退

  • Posted by:
  • 2007年1月 1日 23:02
  • 雑記

【K-1】衝撃! 須藤が突然の引退宣言
須藤元気が完勝後突然の引退宣言/K-1

まさかの引退宣言でした。
大晦日は須藤元気を見る日と断言するほどの須藤ファンなんですが、超ショックです...
派手な入場と派手な試合で観客を魅了した天才格闘家の雄姿はもう二度と見られないのか....

最後の試合は、三角締めで見事に勝利したものの、もう体はボロボロなんだとか。
そういえば、通り魔に刺された事件とかもあったなあと。
早く体を直して、どんな形でもいいから、格闘技界に戻ってきてほしいと切に願います。

あけましておめでとうございます

  • Posted by:
  • 2007年1月 1日 21:37
  • 雑記

あけまして、おめでとうございます。
今年も早いもので、残り365日を残すのみとなりました(?)
「一年の計は元旦にあり」と言いますので、この場で目標を発表したいと思います。

今年最大の目標は、やはり法人成りです。
昨年は、ビジネスパートナーも確保できたし、オープンソースも公開に漕ぎつけました。
現在の職場も長期でやってほしいと言われているので、資金面も大丈夫そうな感じです。
あとはビジネスモデルをもう少し練り上げる必要があると思っています。
オープンソースを戦略の中心に置きたいので、少し工夫が必要なんですよね。
オープンソースを作る一方、起業に向けて市場調査や、経営の勉強なんかもしています。

法人成りの他には、やはり試験挑戦があります。
この試験挑戦も個人的な収集癖ではなくて、IT教育の講師をするためなので、未来に向けた重要な投資だったりします。合格率が異常に低い試験なんですが、なんとか合格できるようにがんばりたいです。

みなさんの今年はどうなるでしょうか。
これを見ている皆さんにも幸あれ!!

大晦日

  • Posted by:
  • 2006年12月31日 16:40
  • 雑記

今年も早いもので、今日を残すのみとなりました。

毎年、「今年こそは静かに暮らしたい」と願っているのですが、今年もいろいろ面倒なイベントに巻き込まれた年になってしまいました(泣)
とは言いつつも、いろいろな人に支えられ、有意義で楽しい一年でもありました。
来年は会社を作ろうと思っているので、ますます忙しくなりそうですが、病気などしないように気をつけていきたいと思います。

皆様も良いお年を迎えられますように!

毎年恒例のクリスマスレポート

  • Posted by:
  • 2006年12月25日 23:52

ITは孤独を救う!?――“2次元彼氏”と過ごすラブラブXmas

今年もこの季節がやってきました。
そう、ユカタンこと岡田有花記者のクリスマスレポートです。
線メリやらシャアザクTシャツやら、いろんな小物を使って絶対零度のクリスマスを演出してきた訳ですが、今年はどうでしょうか。

タイトルを見ると、今年は彼氏とラブラブに過ごしているとのこと。
そういえばかつて彼氏と紹介されたのは、おしゃべりロボットだった気がします。
よく見ると、“2次元彼氏”って書いてありますね。

ネタバレになってしまうので、内容についてはリンクから辿ってもらいたいのですが、彼氏と「ゆりかもめ」に乗っている写真が痛すぎて涙が出そうになりました。
スタイルはいいし、横顔も結構美人なのに...(泣)

来年のクリスマスも頑張って下さい♪

えにくすはノロわれてしまった(謎)

  • Posted by:
  • 2006年12月24日 00:13

時のことば『ノロウイルス』

最近流行してますね。
職場でも感染した人がいたりするし。
私は子供に感染しないように(ノロだけでなく病気全般の対策として)、定期的にアルコールティッシュでドアノブなどを拭くようにしていますが、トイレの後に手さえ洗わない人が多いって嫌ですね。

上記記事には興味深いところがあったので、転載します。

> 話は少し変わるが、皆さんは細菌とウイルスの違いをご存じだろうか。カゼにも細菌性のカゼとウイルス性のものがあり、ウイルス性の代表格がインフルエンザ。その違いは理解しておいた方が対処しやすい。
>
> ひと言でいうと、細菌は自己増殖できる単細胞生物だが、ウイルスは単体では増殖できない。必ず生物の細胞に侵入してその力を借りて増殖していく。その性状から生物と無生物の中間に当たるようなものといわれる所以(ゆえん)である。
>
> また、大きさも特徴的な指標で、ここでは詳しく説明しないがウイルスは細菌よりかなりの程度小さい。さらに、細菌にはいわゆる抗生物質が効くが、ウイルスには役に立たないこともこの際、覚えておきたい。

ノロはウイルスなので、抗生物質が効かないってのがポイントですね~

オープンソースがなぜビジネスになるのか

  • Posted by:
  • 2006年12月23日 23:03

オープンソースがなぜビジネスになるのか
オープンソースがなぜビジネスになるのか

2週間前に図書館で借りた本なのですが、明日返却日なので慌てて読みました(汗)
内容はタイトルとは微妙に違う気がしますが、ためになる部分も多少ありました。
特にIBMのオープンソースへの方向転換の話はある程度知ってはいたものの、その背景までは知ることができたのは価値があったと思う。

現在構想中の会社像がまだ完全に定まっていないこともあって、オープンソースをどうやって取り入れていくかという知識がもっとほしいんですよね。
今までの経験上、オープンソースに関わったのはJavaで開発した一部だけだったため、まだまだこれからだなあと痛感しました。
それと同時に、まだ見ぬ世界に可能性も感じています。
以前からなんですが、システム開発の世界に大きな流れが来そうな予感があるんですよね。
もしそういう流れに乗り遅れないような体制を作り上げていかないといけないなあ。

やく 対 亀田父

  • Posted by:
  • 2006年12月21日 23:51

やくみつる「悔しいような」

やくみつるも判定負けって感じですね。
こういうときは、素直に負けを認めた方がいいんじゃないかなと思うんですが、どうでしょうか。

「いい人になるのはちょっと悔しいような…」って、あんたが礼儀正しくしろって言ってたのでは???
けんかしたかっただけなんですかねえ...

法人成り

  • Posted by:
  • 2006年12月20日 00:10

法人成りのメリット、デメリット

個人事業をやっている人が法人化するのを俗に「法人成り」と言うようです。
節税対策だったりするようですが、きちんと自分の将来を見据えて検討しようと思ってます。

幸いなことにビジネスパートナーも確保できました。
来年は勝負の年になりそうだ。

DS届きました

  • Posted by:
  • 2006年12月16日 16:04
  • 雑記

買い物から帰宅したら、宅配ロッカーにDSが届いていました。
アマゾンで購入した「カブトレ」は昨日届いていたので、早速プレイしてみました。

このカブトレ、過去5年間の本物データが詰まっているので、トレードの練習にはもってこいですね。
なにしろ5年前の相場と言ったら、それはヤバイ状況だったわけで、その局面で利益が出せるようになればかなりの腕と言えそうです。
あと、チャートの先を予想する(ペンで書く)といったモードもあって、それなりに楽しめそうです。

なぜ新人は3年で辞めるのか?

  • Posted by:
  • 2006年12月16日 00:25
  • 雑記

なぜ新人は3年で辞めるのか?

大きく分類すると、以下のようになるんだとか
●成果主義に失望
●非正社員でもいいや
●少子化の影響。親が甘やかし
●会社の現実にギャップ

私も3年で辞めてます。
理由はリストラなんですが...
辞めた立場から言わせてもらうと、目標を持たずして辞めることが問題なんだと思います。
また、頻繁に人が辞めていく会社も、きちんと対応を取らないと歯止めが利かなくなる可能性がありますよね。

確かに最近の若い人は競争世代の我々と違って、なんかハングリーさに欠けているところはありますね。

DS買いました

  • Posted by:
  • 2006年12月14日 11:57
  • 雑記

なんかゲーム機手に入らないですよねえ。

任天堂もソニーも、もっと台数を確保してから発売してほしかったですね。
大分前に発売されていたはずのDSも入手困難になってます。

DSにはあまり興味が無かったのですが、「カブトレ」が面白そうなので買おうかなと思ったのですが厳しい状況のようです。

調べてみると、「スゴッチアラーム」なるサイトがあるとのこと。
行ってみたところ、どこかの通信販売サイトで売りに出されると知らせてくれるようです。
とか思ってたら、いきなりアラームがキター!

...
ソフマップでゲットできました。いとも簡単に。
すごいねこれ。

【ガンダム】30代男子が食すポッキーはガンプラ付き

  • Posted by:
  • 2006年11月27日 12:23

30代男子が食すポッキーはガンプラ付き

ポッキーとガンプラのコラボレーションです。
ビームサーベルとポッキーの組み合わせがナイスなのですが、ザクにビームサーベルはちょっとどうかと。やはりザクにはヒートホークであろう。
この長さのポッキーなら、ドムあたりがちょうどいい気がします。
ポッキー持たせたドムを3機並べて、ジェットストリームアタックをしたいなあとか想像してました。

値段はオープン価格だそうが、いくらくらいになるんでしょうね。
まあ、いくらでも買いますが。

【ガンダム】Xmasはドズル中将を弔う日なのです

最近、ガンダムネタが増えそうなほど、頭の中がガンダムでいっぱいなのです。
30過ぎたおっさんが、ガンダムばかりなのもどうかと思いましたが、もう気にしないことにしたのです。
なので、新たにガンダムカテゴリを追加したのです。

さて、そんな新カテゴリへの投稿に相応しいネタが登場です。

【Xmas特集】家族いっしょにガンダムで過ごす

我が家ではガンダムが市民権を得ていないため、かえって孤独になる危険性が高いネタだったりします。
このフィギュアは小さいながらも、可動範囲が広く、名シーンが再現できるとのこと。
私としては、ジオングとグフがほしいところなのですが、リックドムがビームバズーカを装備しているあたりがなかなかツボを付いてくるのです。

さて、12月24日と言えばクリスマスですが、ドズル中将の命日でもあったりします。
超悪役顔ながら、兵士に愛された名将へ黙祷を捧げるべし!
ジークジオン!

【ガンダム】ブロック遊び

  • Posted by:
  • 2006年11月21日 12:31

最近、娘がブロック遊びに夢中のようです。
保育園の支援プログラムで、大好きな絵本にも見向きもせず、ひたすらブロックを組み立てていたそうな。
ということで、今週の土曜日に娘と一緒にトイザラスにでも行って、ブロックを一緒に買いに行く約束をしているのです。
そんな娘思いなパパがダメパパになりかねない、ジャストミートなネタが登場です。

ガンダムとシャアザクが「メガブロック」に

ガンダム専門の事業部が存在するバンダイなら、いつかやると思っていた商品です。
例によってジオングがあれば買うのに...とかコメントする訳ですが、よくよく見てみるとシャアザクの出来がとても良い具合です。
立ち姿のバランスの良さは、初代ガンプラよりいいかもしれません。

IT企業はどこへ向かうのか

  • Posted by:
  • 2006年11月20日 12:43

「楽天オークション」にユーザーから不満の声も

楽天オークションで、「システム障害で落札できなかった」「問い合わせメールに返答がない」などとユーザーから不満の声が漏れていようですが、楽天側はシステム障害について「そういった事実はない」と否定しているようです。

番号ポータビリティでのソフトバンクだけでなく、ITの双璧をなす楽天もですか?
顧客満足度向上を謳い文句としながらも、実態はユーザーの声に耳を傾けない。
ソフトバンクの詳細不明な0円広告や、金銭を扱っていながら完全性が保証されないオークション。
IT企業は儲かると言われていますが、こういう儲け方はダメですよね。
日本のものづくりってのは、きめ細かさが売りだったはずです。

日の丸検索エンジン

  • Posted by:
  • 2006年11月19日 12:33

「日の丸検索エンジン」は何を狙っているのか

この手のおかしな国主導のプロジェクト(独自OS開発等)は、たまに聞く訳ですが...
今度は検索エンジンですか、そうですか。

国家予算300億円を投入し、3年後には実用化しようということらしいのです。
我々の業界で使われる言葉では「車輪の再発明」ってやつです。
既に存在するものを新たに開発しなおしてどうするんでしょ?
3年後に実用化とか言ってますが、3年後はGoogleがさらに進化しているであろうことは容易に想像できると思いますが。

このプロジェクトを考えた人は、各社に点在する最先端技術をまとめることを目標にしているそうですが、そもそもまとめる必要性はどこにあるんでしょうね。
個人的な収集癖の延長なら、国家予算を使わないでほしいですね。

マルチディスプレイ

  • Posted by:
  • 2006年11月16日 22:22

マルチディスプレイはこんなに便利!

マルチディスプレイという言葉で思い出すのが、昔なつかしの「ダライアス」でしょうか(違)

私は地球環境を大事に考えているので、ほとんどのドキュメントは印刷せずPDF形式にしているため、プログラムを組みながらウインドウの切り替えを行ってドキュメントを見たりしています。
マルチディスプレイなら、そんな面倒もないんですよねえ。
2台と言わず、3台並べてダライアス状態で開発したいなあと思う今日この頃です。

ツンデレラ?

  • Posted by:
  • 2006年11月16日 21:16

毎年恒例となっているユーキャン新語・流行語大賞なんですが、今年のノミネートは...

「mixi」「YouTube」「ツンデレラ」流行語大賞候補に
> 「ミクシィ」(mixi)や「ユーチューブ」(YouTube)などネット関連の用語や、「ツンデレラ」など一般には耳慣れない語句もラインアップされている。

ん?ツンデレラ???
ツンデレではなくて???

ということで、調べてみました。

> ツンデレ属性を持つキャラ、またはツンデレを好む者のこと。

ということらしいです。
私は萌えに全く興味がないので、どうでもいいですが、やっぱり流行してない気がします。
選考委員にコアなマニアがいるんでしょうか??

URLを変更しました

  • Posted by:
  • 2006年11月15日 12:28

個人的な都合により、サイトのURLをサブディレクトリ形式からサブドメイン形式に移行しました。

ブックマーク、リンクして頂いている皆様には、リンク先を「http://liberty.yaminabe.info/」に変更して頂けますよう、お願いいたします。

※ リンクは全て新しいURLとなりますが、従来のURLでアクセスしても中身は同じなので問題なくアクセスが可能です。

トマト廃絶!

  • Posted by:
  • 2006年11月14日 23:52

中川政調会長「おでんにトマト入れるべき」─おでん三原則否定発言

私が最も苦手としている食べ物と言えば、トマトです。
これを入れるなんてとんでもないですよ!!!
トマト逝ってよし!

おでん三原則の大根・たまご・こんにゃくの是非を議論している場合ではないのです。
おでんに限らず、トマトを世界中から廃絶すべきだと思います。

トマトを食べず、作らず、持ち込ませずの原則を死守すべく、トマト廃絶を訴える会の会長としてこれからも訴え続けていこうと思いました。

赤い彗星と緑のたぬき

  • Posted by:
  • 2006年11月10日 23:06

シャアに学ぶ「男の生き方」 新書で一代記

12月6日に上下巻ともに600円で発売されるようです。
値段的にもお手ごろ価格なので、購入決定です。

個人的にはランバ・ラルの本がほしいんですけどね。
ラル様本なら、5000円くらいでも買うかもしれません。


こんなタイトル書いたら、赤いきつねの油揚げだけ食べたくなってきた....

IQテスト

  • Posted by:
  • 2006年11月 3日 18:57

IQTest

IQテストをWebでできるサイトがあったので、早速やってみました。
結果は135!
なかなかの結果なんじゃないでしょうか。(私は英語が読めないので、ランクの意味はさっぱり分かりませんでした)

振り返るとヤツは居た

  • Posted by:
  • 2006年10月26日 12:34
  • 雑記

朝、電車に乗り込むと後ろから重低音で名前が呼ばれた気がした。
振り返るとそこにヤツは居た。

袈裟切りチョップから水面蹴り管理人のkazufuruk氏だ。
東陽町までの10分あまり、くだらない雑談で盛り上がりますた。
久しぶりにブログを見ると、更新頻度が落ちているようだ。
しかも、ブログのメインとなっている(?)肉体改造も微妙な展開となっている模様。
というか、私と同じだなと深く思ったのでした(泣)

話の中でちろっと出てきたStrutsですが、生産性は高いってほどではないですよ。
ただ、フレームワークで処理の流れが決まってくるので、コードを自動生成する仕組みを作ればよいのかもよ?とか言ってみるテスト。

やっぱ新庄は凄い

最初に言っておきますが、新庄はスターです。
私は野球をほとんど知らないのですが、彼は大好きです。
なので、今日からの日本シリーズも新庄の打席だけはチェックしているのです。

新庄のミリオネア挑戦
これを見て、本当に凄い人だと思いました。
ミリオネアに挑戦していたことは知らなかったけど、その結果は....
なんか凄い背後霊がいそうな人だよね。

浦安駅の惨事

  • Posted by:
  • 2006年9月29日 12:30
  • 雑記

朝、出勤するために最寄り駅の東西線浦安駅に着くと、それはそれはえらいことになっていました。
いや、正確には駅に着いてはいない。
利用客が多すぎて駅に辿り着けないのだ。どんな状況か知りたい人はニュースサイトで写真を探してみるといいと思います。
ようやく改札の前まで辿り着くと放送が流れていたのですが意味不明でした。

・JR京葉線が止まっている
・JR京葉線からの振替輸送を実施している
・東西線はダイヤ通りの正常運転をしている
・改札前にいる人が改札に入れない状態になっている(ほとんど列が動かない)

普通に考えると、東西線が遅れているならともなくとして、JR京葉線が止まったことでここまでの事態になるとは思えない。
確かにJR京葉線に振り替えできそうなのは東西線くらいなので、ある程度混雑するのは予想できる。
だが、不思議なことにダイヤ通りの正常運転しているにも関わらず、まったく列が動かないのである。
本当に正常運転してんのかな?と思って外から列車を見てみると、確かに正常運転しているようだが満員電車とはなっていないようだ。

なんだこりゃ???
状況を整理すればするほど理解できない状況なのです。
つまり、正常運転をしているのならば混雑していたとしても列が動くはずなんですが。
電車が止まったことで振替輸送を経験したことは何度もあるけど、経験上ありえない状況でした。

よくよく観察していると、この異常事態の理由が分かってきた。
改札を挟んで、改札に入りたい人と改札から出たい人が両方ともに動けなくなっていたのでした。

・改札に入りたい人は、改札から出たい人が多すぎて入れない。
・改札から出たい人は、改札に入りたい人が多すぎて出れない。

アホです。
駅員はと言うと、改札から出たい人を優先してさばこうとしていましたが、どっちかを優先させようとしている時点でダメ。
こういう判断をすると悪循環になることは容易に想像できそうなものですが...
通路や階段をロープとかで半分に分け、両者をきちんと誘導するのが正解です。

なんてことを考えながら、改札までわずか5mの距離を40分かけて進み(泣)、ホームに行ってみるとガラガラに空いていました(泣)
というか、異常事態なのは改札だけでした...
実際に電車はダイヤ通りの正常運転だった(車内の乗車率も普通でした)わけで、本当に腹が立ちました。
JR側の不祥事ばかりが注目されていますが、東西線浦安駅の対応はかなり問題があったと思います。

※ 9/29の朝はロープで半分に分けて誘導していました。つか、おせーよw

国旗(さらに続編)

娘はすっかり父を超えたようだ。

どうやら、「アラブ首長国連邦」とか、「アゼルバイジャン」とか長い国名を理解し始めた模様。(「クリストファー・セント・ネービス」とかはさすがに無理なようだ)
理解している国旗は60を軽く超えているような気がする。

近いうちにカウントしてみるかな...

普通とは何かを考える

  • Posted by:
  • 2006年8月31日 22:55

アマゾンで大前研一の本を何冊か購入。

ちなみに大前研一氏はIQが216もある超天才だったりします。
その天才がどういう発想をしているか、とても興味があったのです。
現在、1冊目の「普通のキミでも起業できる!」を熟読しているところですが、とても面白い。

なによりもスゴイと感じるのは、氏の文章が大変読みやすく、学のない私でも容易に理解できる点です。
文章力はあらゆる学問の基本であって、言いたい内容をきちんと頭で整理できていないといけないし、また表現力も豊かでないといけない。
こういった部分にも氏の凄さが感じ取れます。

さて、以前より氏のコラムなどを読んでいて気になっていたのですが、「普通のことなのだ」というような言い回しがよく出てきます。
最初はIQ216の人の普通だからなあと思っていたのですが、そもそも普通ってなんなんでしょう。
多分ですが、ほとんどの人は既成概念を普通と言うのだと思います。
氏の場合、視点がグローバルなので世界的な視点での概念で普通だと言っている。
つまりは概念が違うんですよね。ここがとっても大事。

株取引なんかでも、日本はアメリカの市場に大きく影響を受けています。
もっと言えばファンドでしょうか。
そういう事実をほとんどの日本人は知らないんですよね。知る必要がないのかもしれないけど...
本当に大事なことは既成概念が本当に正しいのか、あるいは別の見方があるのか等をしっかりと考えることなのかもしれません。

プログラミングも同じようなもので、作り方は常に新しいものが出てきていますが、過去の遺産を捨てられない人も多い。
これもまた普通の概念が違うんですよね。
普通に作ってねと言うと、とんでもないものが出てくる。
いろいろと考えさせられます。

普通は難しい。普通は普通だけど...

国旗(続編)

娘の国旗への情熱はまだ止まらないようだ。
既に覚えた国旗は40に達する。

何がすごいって、フランスやらイタリアやらの3色国旗をしっかり認識できる点だ。
パパンはもうダメです。さっぱり覚えられません。

国旗

新浦安のイトーヨーカドーまでドライブに行きました。

ふと本屋に立ち寄ったので、子供向けの絵本コーナーへ。
そこに「国旗の絵本」なる本が。
早速、娘が見つけて読みたがったので見せてみるが、どうも小学生以上向けらしい。(漢字バリバリで書かれているし...)
すぐに飽きるかなあと思っていたら、どうも大変気に入ったらしく買ってほしいとのこと。
1500円もする本なので、どうしようかと少し悩んだものの、本人がやる気を出しているので買ってやることに。

自宅に帰ってくると、早速読み始めました。
分からない国があるとこっちを見るので、面倒だけど教えてあげたところ、なかなか飲み込みが良いようです。これはしばらく付き合うハメになりそうだ。

それにしても意外と国旗を知らないということが分かった。
というか、既に娘の方が知ってるようだ...
1歳児に負けた34歳って一体....

気を取り直して見ていると、国の特徴が出ていて意外と面白い。
ブータンとか、どうみても神龍だし、ドラゴンボールみたいなの持ってるし(謎)
ドミニカ国なんか、インコが書かれているんだけど、思いっきりニヤけててかなりヤバイ。
それに比べると日本は単純でヒネリがない。

起業

  • Posted by:
  • 2006年8月 7日 23:56

最近、起業について考えることが多い。
そういえば、個人事業を開業して10年の節目になります。

10年前はリストラで会社を辞めざるを得ない状況となり、将来に全く希望も持てず、先の見えない開業でした。
今は仕事に理解を示してくれる人も大勢でき、幸いなことに営業をしなくても仕事が途切れることも無くなりました。
そうこうするうちに、周囲の目も「いつ法人化するの?」というようになりつつあります。
時間の流れというのは不思議なもので、だんだんと野望も生まれてきました。

やはり男子として生まれたからには、一度は大きな花を咲かせたいと思う。
一度きりしかない人生。
どうやったら充実した人生が送れるかを考えてみると、私には起業という形が一番合っているように思います。
しかし、当然のことながら、ただ起業するだけでは逆に人生がメチャメチャになる可能性が高い。
理想とする無借金経営をしながら、本当に自分がやりたいことを誇りを持ってやれるよう、しっかりとしたビジネスモデルを考えなければなりません。

亀田世界戦

今日のサイクリングは亀田の世界戦があるので休み。

亀田の試合、正直よく勝てたなあという感想です。
全体を通してみれば亀田はそうとう苦戦していました。
1Rでいきなりダウンしたし、それが結構足に来ているように見えました。
大相撲なんかでも、上位力士が初日に格下相手に負けるっていうのはよくあることですが、同じようなもんなのかもしれませんね。ようはメンタルな部分で。
中盤は元々の力の差が出て、亀田がポイントを取り戻していたように思います。
結局はその分を逃げ切った形なわけですが、いろいろ課題が残りますね。
逆に言えば、まだまだ強くなる余地があるとも言えるんじゃないでしょうか。

私もまだまだ痩せられる余地がありそうです(泣)
寝る前に筋トレだけはしようっと。

減量大作戦

今日は健康診断。
個人事業なので、会社での検診とかそういうのは10年ほどやってないわけで、そろそろやっとくかと。
近所のクリニックで身長と体重を測定、あとは採血、検尿、心電図、レントゲン、聴診器と一通りやってきました。

驚いたのは身長。
子供の頃から背が小さくて、それがとっても悩みだったわけですが、少しずつではありますがジリジリと伸びてきていました。
大学入学時(18歳):158cm
入社時(22歳):162cm
退社時(25歳):163cm
2年前に倒れたときについでに計った(汗)(32歳):163.5cm
今日(34歳):164.5cm
以前より周囲の人が縮んだように感じていたのですが、自分が大きくなっていたのですね...
身長っていつまで伸びるんでしょうね???

で、身長だけではなく、体重も増えておりました(泣)
164.5cmにして、71kgって...
ということで、ダイエット決定!!!
作戦は以下のとおりです。
・基礎代謝が落ちているのが根本的な原因だと思うので、筋トレをメインとする。
・特に下半身の贅肉をなんとかするつもり。
・腹回りは内臓脂肪がヤバそうなので、こちらもなんとかしようと思います。
・食事制限でのダイエットはリバウンドがくる上に、栄養が偏るのであまり重視しない。
・でも、甘いものは控えようと思います。
・目標は年内に58kgとします。(-13kg)

さあて、どうなることやら。

高橋ジョージとケビン・クローン

  • Posted by:
  • 2006年7月21日 23:03
  • 雑記

私は討論番組が好きです。
特に勉強にならないような話題でもOKで、ようするに熱いバトルが好きなのです。

「もし太田光が総理だったら」という番組があるのですが、これはちょっと微妙。
討論しているメンバーがかなり微妙なメンバーなので、低レベルな口論になる場面もあり。
最近気付いたのは、高橋ジョージとケビン・クローンの座っている位置。
高橋ジョージは常に賛成、ケビン・クローンは常に反対の席に座っている。
まあどうでもいいことなんですが、何気に気になってしまった。

北朝鮮ミサイル発射問題

  • Posted by:
  • 2006年7月 6日 01:18
  • 雑記

北朝鮮がやっちゃいましたね。
弾道ミサイルというやつは、早い話がロケットの先に弾頭を積んだものであり、ロケットであるがゆえに火薬のような固形燃料ではなくて、液体燃料を使っています。
その弾道ミサイルに液体燃料の注入が行われたニュースは先月既にあった訳ですが、この液体燃料は注入するとタンクが徐々に劣化を始めてしまうため、私個人としては早々に撃つのではないかと想定していました。ミサイル一発の値段が相当高いですから...
そういう意味では、ずいぶんと遅いなあという思っていたのですが、まさかアメリカ独立記念の日に合わせて撃ってくるとは...

いくら外交の手段とはいえ、ちょっとやりすぎ。
しかもテポドン2号は燃料タンクの切り離しに失敗しちゃってるし。
(本体にロケットを使用しているため、空になった燃料タンクを切り離すことで軽くすることができる。この燃料タンクを2段式、3段式にすることで長距離を飛ばすことができる)
どこに落ちるか分からないってことは、開戦されていない今の状況ではかえって危険ともいえる。
テポドン以外も政府発表では計7発。韓国とロシアは10発以上なんだそうです。
弾道ミサイル以外にも、巡航ミサイル(水平に飛んでいく近距離型)なんかも撃ってる気がします。

そんな状況で、日本政府としては経済制裁を発動の動き。
国際的にも非難は免れず、北朝鮮は孤立しそうな感じ。
経済制裁は拉致事件に関連して求める声が高かった訳ですが、個人的には反対でした。
かつて日本も国際的な経済制裁(経済封鎖)をされたことがあります。
その結果、追い詰められた日本は真珠湾攻撃を行い、太平洋戦争となりました。
経済制裁は兵糧攻めと同じで、相手を餓死させることと同じ事を意味します。
経済制裁となれば、当然その先に戦争を見なければなりません。
恐らく、拉致問題だけでは国際的にも理解が得られなかったと思うので、経済制裁発動まではいかなかったでしょうが、さすがに今回ばかりは日本に向けてミサイルを撃たれてますからやむを得ないと思います。

アジア諸国は歴史の認識問題を挙げていますが、認識するだけじゃダメなんですよね。
その先に意味しているものを知り、同じ過ちを繰り返さないことが歴史を学ぶことの意義です。
北朝鮮がかつての大日本帝国と同じ運命を辿るのか?そのあたりを踏まえて、注意深く見守っていきたいと思います。

余談ですが、マスコミの一部が東京に落ちなくて良かったとか言ってたようですが、本当に日本を狙うつもりなら、原発を狙ってくると思いますよ。
もし開戦となったら、付近の方々は注意が必要ですね...

Index of all entries

Home > 雑記 Archive

Search
Feeds
Tag Cloud
Recommend

SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方
SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方

ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系
ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系

ITアーキテクト vol.1
ITアーキテクト vol.1

オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン

アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出
アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出

おら!オラ!オラクル
おら!オラ!オラクル

プログラマの数学
プログラマの数学

スタイルシート スタンダード・デザインガイド―SEO/ユーザビリティ/アクセシビリティを考慮した実践的HTML&CSSデザイン術
スタイルシート スタンダード・デザインガイド―SEO/ユーザビリティ/アクセシビリティを考慮した実践的HTML&CSSデザイン術

セオリー・オブ・スタイルシート
セオリー・オブ・スタイルシート

テクニカルセキュリティ技術
テクニカルセキュリティ技術

まってる。
まってる。

Return to page top