Home > Archives > 2009年2月 Archive

2009年2月 Archive

火事で燃えたWiiとGBAを任天堂が交換

  • Posted by:
  • 2009年2月 5日 10:18

数々の伝説を生み出した任天堂に、また新たな伝説が加わったようです。
いい話なので、備忘録。

火事で燃えたWiiとGBAを任天堂が交換

 任天堂のカスタマーサービスは非常に優れていると言われますが、それを実証するような心温まる話が海外から飛び込んできました。

 主人公はPsyduckWarrior(ペンネーム)さん21歳。スポーツ管理学を学ぶ大学生です。そして、大の任天堂ファン。ゲームコレクションは250を超え、WiiやDSはもちろんのこと、動作するバーチャルボーイや海外未発売のゲームボーイライトまで保有していました。

 そんな彼に悲劇がやってきます。

 ある日、普通のように大学に行き、帰ると家は火事で全焼。幸いなことに家族に怪我はありませんでしたが、家具や一緒に暮らしていたペット、そしてもちろん膨大なゲームコレクションは炎に焼き尽くされてしまいました。耐久性に優れている任天堂ハードも家を包んだ炎の前には無力でした。更に不幸な事に家族は保険に入っておらず、失われたものは帰ってきそうにありませんでした。

 しかし大の任天堂ファン。もう一度Wiiを買おうと思い、任天堂に「Wiiショッピングチャンネルのアカウントはどうしたらいい?」という質問を送りました―――燃えて無残な姿になったWiiとGBAの写真と共に。

 2週間後、反応がありました。任天堂の担当者は、彼らの家族が無事であるか心配し、そして、WiiとGBAを交換したいと申し出ました。焼け跡から回収できなかった他のハードは失われたものの、彼は溶けてしまったWiiとGBAを任天堂に送り、そして新しいWiiとGBAを受け取ることができたそうです。

ここまでくると、カスタマーサービスの域を超えている気がします。
結果的にニュースとして取り上げられたことで、宣伝になったことを考えれば大成功と言えますが、どうもそういう計算でやっているとは思えないんですよね。

ジャパネットたかたで情報漏えいが発覚し、社長に第一報が告げられたとき、即座に業務停止を決断したとのこと。
経緯はどうあれ、お客様に迷惑を掛けたことに対して、まず謝罪をしたかったというのが社長の気持ちだったそうです。
それは計算されたものではなく、人としての暖かさみたいなものであり、だからこそ人の心を打つのかもしれません。
逆に、計算で生み出されたものは、それ以上の計算ができる人には見抜かれてしまいます。

任天堂のカスタマーサービスに関する数々の逸話も同様のものを感じ、その根底にある「ユーザーが遊びたいと思っているうちは、遊んでもらいたい」という信念が伝わってきます。

デノミとか紙幣発行とか

  • Posted by:
  • 2009年2月 4日 13:48

あのジンバブエが12桁のデノミを実行するそうです。

ジンバブエドルは、過去に13桁分のデノミを行っているので、トータル25桁ということになります。
アボガドロ定数を見事に超えていきました。
天文学的数字です。

超デノミ実施、1兆ドルが1ドルに

 アフリカ南部ジンバブエの中央銀行は2日、同国通貨ジンバブエ・ドルを1兆分の1にするデノミネーション(通貨呼称単位の変更)を発表した。地元政府系ヘラルド紙が報じたもので、1兆ドルが1ドルとなる。1日時点の為替相場は、1米ドル(約90円)が約4兆ジンバブエドルだった。


そして、そんな話題の通貨だけに、コンプリートセットがオークションに登場した模様です。

インフレしすぎのジンバブエドルをコンプリートするチャンス!

さてそんな高額?紙幣が話題のジンバブエドルだが、中には「記念にゼロがたくさんあるお札が欲しい!」と言う方もいるのではないだろうか? そんな方に朗報だ。 『Yahoo!オークション』でジンバブエドルがコンプリートできるチャンス!

開始時の価格が20,000円と少々高めだが紙幣マニアやコレクターにはたまらないだろう。 このジンバブエ紙幣総額で20,000円の価値もないだろうなあ……。

20,000円の価値どころか、紙くずに近い紙幣もありますね。
記録的なインフレなので、ひょっとしたら遠い未来に価値が出てくるかもしれません。


対岸の火事って感じで見てた訳ですが、日本にもロクなことを考えない人が出てきました。


「政府紙幣」導入論が浮上=副作用指摘する声も-政府・与党

 政府が日銀に代わって紙幣を発行する「政府紙幣」の導入論が浮上してきた。政府紙幣を発行すれば財源を気にせず景気対策が実行できるため、推進派は「先進国で最初の不況脱却を掲げる麻生政権の切り札になる」と主張。一方で、通貨価値の下落を通じ、物価が上昇するインフレや円安を招く「副作用」を指摘する声もある。麻生太郎首相は2日夜、「今のところそういう段階ではない」と語り、導入に消極的な見解を示した。

 政府紙幣は日銀が発行する通常の紙幣と違い、政府自身が発行する「第二の紙幣」で、社会保障や失業対策に充てる案が浮上している。元財務官僚の高橋洋一東洋大教授が25兆円規模の発行を提唱、自民党の菅義偉選対副委員長が1日のテレビ番組で「非常に興味がある」と発言したことから導入論議が盛り上がりつつある。

 政府の判断で機動的に発行できる半面、際限なく発行すれば円の価値が目減りする危険性もある。高橋教授は「劇薬」と断った上で「100年に一度の経済危機には異例の対応が必要。物価上昇率が一定水準に達した時点で発行を止めれば問題ない」と主張、世界的に強まるデフレ懸念の払しょくにも効果があると説明する。

劇薬というより麻薬。
一度やったらもう元には戻れない気がします。

そもそもお金って、商品やサービスの価値を示すためのものなので、何もないところから価値を作り出すという行為は貨幣経済を根本から覆すってことになる訳で。
真面目に議論されていることが信じられないです。
というか、それができるくらいならとっくにやってますって。

Index of all entries

Home > Archives > 2009年2月 Archive

Search
Feeds
Tag Cloud
Recommend

SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方
SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方

ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系
ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系

ITアーキテクト vol.1
ITアーキテクト vol.1

オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン

アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出
アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出

おら!オラ!オラクル
おら!オラ!オラクル

プログラマの数学
プログラマの数学

スタイルシート スタンダード・デザインガイド―SEO/ユーザビリティ/アクセシビリティを考慮した実践的HTML&CSSデザイン術
スタイルシート スタンダード・デザインガイド―SEO/ユーザビリティ/アクセシビリティを考慮した実践的HTML&CSSデザイン術

セオリー・オブ・スタイルシート
セオリー・オブ・スタイルシート

テクニカルセキュリティ技術
テクニカルセキュリティ技術

まってる。
まってる。

Return to page top