Home > おかえりさない>3.14

おかえりさない>3.14

  • Posted by:
  • 2008年2月15日 22:52

[学習指導要領案]40年ぶり授業増 「3.14」完全復活

 文部科学省は15日、小中学校の学習指導要領案を公表した。主要教科と体育の授業時間約1割増に伴い、理数を中心に約40年ぶりに学習内容も増加。学習内容が約3割削減された現行学習指導要領下での学力低下批判を強く意識した内容になった。また、教育基本法改正後、初めての改定となり、道徳や古典指導が充実されるなど同法の理念が色濃く反映された。文科省は09年度から算数・数学と理科を先行実施し、授業時間と学習内容を増やす方針。

 学習内容の増加は小学校68年改定、中学校69年改定以来となる。指導要領の改定はほぼ10年ごとに行われており、全面改定は戦後7回目。文科省は15日から1カ月間のパブリックコメント(意見募集)を行い、3月末に告示する。小学校は11年度、中学校は12年度に完全実施する予定。高校の指導要領案は08年秋に公表する。

 指導要領案では、ゆとり教育の象徴的存在だった「総合的な学習の時間」の総授業時間を最大150時間削減し、算数を142時間、数学を70時間増加させた。理科は小学校55時間、中学校95時間増やした。学習内容の増加割合を授業時間数で換算すると、現行よりも算数・数学が約15%、理科が約23%増える計算になる。

 また、ゆとり教育批判のやり玉に挙げられた小学校算数の円周率について現行の「3.14を用いるが、目的に応じて3を用いてできる」という規定を「3.14を用いる」に変更。「台形の面積の求め方」(小学校算数)や「イオン」(中学校理科)を復活。学習内容を学年間で重複させる繰り返し学習も重視した。

何かと、ゆとり教育とセットにされてきた、円周率なんですが、3という数字は六角形と同じなんです。
まず、一辺が1の正三角形を6つ並べて、正六角形を作ってみましょう。
すると、一辺が1の正六角形なので、周囲長は6になります。
一辺が1の円の円周は、(1+1)×3で6。
ほ~ら、一緒です。
でも、六角形と円は全くの別物。

ちなみに、正57角形で円周率は3.14になります。
ここまで来ると、角があると言っても、ほとんど円にしか見えないです。
このように、角をどんどん増やして円に近づけていったことで、円周率は求められました。

私は、ゆとり教育そのもの全てが悪いとは思わないのですが、そもそも円周率って何なのよ?という基本的な部分を、教育方針を決定する立場の人が全く理解していないことが問題なのだと思う。
どうせ、「小数点以下覚えるの面倒くさいから、切り捨てちゃおう」とか、その程度の議論しかなかったことは容易に推測できてしまうのです。
これは円周率に限ったことではなく、物の考え方の深さを浅くするような教育方針は、今後ともやめるべきでしょう。

教育は国家百年の計。
次の世代にきちんとバトンを渡せるよう、大事に考えてもらいたいものです。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://magicbox.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/515
Listed below are links to weblogs that reference
おかえりさない>3.14 from LibertyBoy

Home > おかえりさない>3.14

Search
Feeds
Tag Cloud
Recommend

SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方
SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方

ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系
ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系

ITアーキテクト vol.1
ITアーキテクト vol.1

オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン

アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出
アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出

おら!オラ!オラクル
おら!オラ!オラクル

プログラマの数学
プログラマの数学

スタイルシート スタンダード・デザインガイド―SEO/ユーザビリティ/アクセシビリティを考慮した実践的HTML&CSSデザイン術
スタイルシート スタンダード・デザインガイド―SEO/ユーザビリティ/アクセシビリティを考慮した実践的HTML&CSSデザイン術

セオリー・オブ・スタイルシート
セオリー・オブ・スタイルシート

テクニカルセキュリティ技術
テクニカルセキュリティ技術

まってる。
まってる。

Return to page top