Home > Archives > 2008年2月 Archive

2008年2月 Archive

ブログを整理しました

モンスターハンター関連 → 上手に焼けました~
基本技術 → 10年戦える開発技術
情報処理試験対策 → 情報処理技術者試験午前対策
コンサル関連 → コンサル日和

といった具合に、分けました。

一気に倍増した訳ですが、目的ごとに分けたことにより、より管理しやすくなったとも言えます。
今まではごちゃごちゃしすぎて、エントリを書きにくかったことも、書きやすくなるのかなと。

アウトプット量を2倍、内容の質を2倍にしていくつもりです。
今後とも、よろしくお願いします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

アンドロイド

ちょっと前のエントリですが、taraさんとこの
[Resident of Virtual World]最近考えていること
を見て。


人工知能とかは今も盛んに研究されていると思うが、自分のためのソフトとして補助的な知能が構築できたらすごくいいなという単純な発想だ。そもそも人はどんな風にとらえて展開していくのかなぁという素朴な疑問から脳について、もう少し知りたいと思ったんだ。

でも、やはり人が機械と違うのは、認識力と連想+想像ができることなんだろうな・・・これが今のコンピュータにはできないことなんだろう。それ、まったく同じにできなくてもいいから何か近づけ無いかなってここ数日考えていることだったりする。

実は、私も似たようなことを考えていたりします。
大学時代にファジイ理論を使ったプログラムを作ったことがあって、そのときに「アンドロイド作りてえなあ」と思って(痛い)から、ずっと考え続けてきたことでもあります。
最近、やたらと「オンメモリ・データベース」にこだわっていたのも、実はこれが理由なのです。

ということで、今の段階で私が考えていることをまとめてみます。


自律学習

機械学習を使った人工知能も面白いのですが、人の作ったアルゴリズム上では、どこまで進化しても感情を持つことはできません。
よく漫画などで、機械が感情を持ち始めるというストーリーがあるのだが、感情を考慮していなかったシステムで感情が自然発生することは不可能です。
機械が自律的に学習を行い、勝手に成長していくようにするためには、得られた情報の良し悪しを判断する機構が必要であり、それを構成するのが、感情・本能・性格の3つと私は考えています。


本能

娘が生まれてから気付いたことなのですが、人は生まれたときにゼロの知識で生まれてくるのではありません。
実はいろいろなことを知っている状態で生まれてきています。
例えば、状況によって泣き方を変えたり、母親という存在を知っていたり、母乳を飲む方法を知っていたり。
これは、誰かが教えなくても絶対に知っていることであって、いわゆる本能というものです。


性格

性格は度が過ぎると、本能と異なる行動を取る場合があります。
例えば、人間は危険なときに本能でストレスを感じるようになっていますが、危ないことをすることが好きな人はストレスを超えた興奮を覚えるなど。
生きていく上で必須でない事柄に関しては、本能より性格が及ぼす影響の比重が高いように思います。


感情

楽しいことはどんどんやりたい、嫌なことはしたくないといった行動の指標。
自律的に学習させるためには、知識を得ることが楽しいと感じるようにしなければならないと思う。
が、この感情がとても難しい。
例えば、人の笑い顔はその人に対して一種類しか無い訳ではありません。楽しさの度合いによって、顔面のくしゃくしゃ具合が違うだろうし、他のリアクションが加わったり、涙が出てくるかもしれない。
アンドロイドを作るためには、微妙な感情表現がなにより重要だと思う。


本能の実装

危険から逃れる行動が取れるような初期データをあらかじめ設定しておく。
変更不可能。


性格

これも初期設定なのだが、ランダムデータとした方が、面白みがあるし、教育次第では想像以上の天才が生まれるかもしれません。
感情と連動して、徐々に修正される。


感情の実装

人間は、セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、ヒスタミン、ドーパミンなどのモノアミン神経伝達物質が分泌されることにより、感情が制御されているらしい。
ということで、インプットされた情報によって、これらの分泌量を示すパラメータ値を変化させる仕組みを作る。
こういう難しい仕組みは、深く考えずに、人間の仕組みをそのまま実装するイメージで作った方が良いのではないだろうか。

また、パラメータ値制御とは別に、笑いを制御するコントローラ、悲しみを制御するコントローラなどの複数のコントローラをマルチスレッドで起動する。
これらのコントローラは、共有メモリにあるパラメータ値を監視し、しきい値を超えると体本体の動きを制御するようになっている。
例えば、笑い泣きを例にすれば、笑いに関する数値に比例して顔がほころび、泣きに関する数値がしきい値を超えることで涙が出るようにすると、笑いと涙にタイムラグが生じるので、より人間らしい感情表現となる。

このモデルは、Blackboardアーキテクチャとほぼ同じである。


記憶

最大の難関がコレだ。
当たり前のことだが、二次元表を使ったリレーショナルデータベースなど論外である。
有向グラフでデータ表現をするのが良いのではないかと思っているのだが、概念のようなデータをどう扱うか、逆向きのリンクをどうするか、などの問題が今のところ解決できないでいる。
また、相当なデータ容量となるので、これをどうバックアップするのか、どう復元するのかも想定しておく必要がありそうだ。


検索

記憶ときたら検索がセットですね。
最大の課題が巨大なデータ容量でしょう。
検索は一瞬で完了し、思い出せなかったら何度かトライしてみるだとか、ひょっとしてコレかな?といった推測ができるようにしないといけない。
常に検索結果が同一というのは、アンドロイドでは全く意味を成さない。
何度も試行錯誤しながら、その中から最適解を決定していくという仕組みが必要である。

実はこれ、私の頭の中では、最適解を決定するアルゴリズム以外は大体できています。
どんなに巨大なデータ容量であっても、瞬時になんらかの答えを返すことができる画期的な方法ですが、具体的な方法はまだ内緒にしておきます。


ということで、弁慶フレームワークの次は、「脳モデルデータベース」プロジェクトになる予定。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

無理なものは無理

  • Posted by:
  • 2008年2月22日 14:22
  • ネタ

カワイイをつくる

設定に無理があると思う。
89%って出たけど。。。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

おかえりさない>3.14

  • Posted by:
  • 2008年2月15日 22:52

[学習指導要領案]40年ぶり授業増 「3.14」完全復活

 文部科学省は15日、小中学校の学習指導要領案を公表した。主要教科と体育の授業時間約1割増に伴い、理数を中心に約40年ぶりに学習内容も増加。学習内容が約3割削減された現行学習指導要領下での学力低下批判を強く意識した内容になった。また、教育基本法改正後、初めての改定となり、道徳や古典指導が充実されるなど同法の理念が色濃く反映された。文科省は09年度から算数・数学と理科を先行実施し、授業時間と学習内容を増やす方針。

 学習内容の増加は小学校68年改定、中学校69年改定以来となる。指導要領の改定はほぼ10年ごとに行われており、全面改定は戦後7回目。文科省は15日から1カ月間のパブリックコメント(意見募集)を行い、3月末に告示する。小学校は11年度、中学校は12年度に完全実施する予定。高校の指導要領案は08年秋に公表する。

 指導要領案では、ゆとり教育の象徴的存在だった「総合的な学習の時間」の総授業時間を最大150時間削減し、算数を142時間、数学を70時間増加させた。理科は小学校55時間、中学校95時間増やした。学習内容の増加割合を授業時間数で換算すると、現行よりも算数・数学が約15%、理科が約23%増える計算になる。

 また、ゆとり教育批判のやり玉に挙げられた小学校算数の円周率について現行の「3.14を用いるが、目的に応じて3を用いてできる」という規定を「3.14を用いる」に変更。「台形の面積の求め方」(小学校算数)や「イオン」(中学校理科)を復活。学習内容を学年間で重複させる繰り返し学習も重視した。

何かと、ゆとり教育とセットにされてきた、円周率なんですが、3という数字は六角形と同じなんです。
まず、一辺が1の正三角形を6つ並べて、正六角形を作ってみましょう。
すると、一辺が1の正六角形なので、周囲長は6になります。
一辺が1の円の円周は、(1+1)×3で6。
ほ~ら、一緒です。
でも、六角形と円は全くの別物。

ちなみに、正57角形で円周率は3.14になります。
ここまで来ると、角があると言っても、ほとんど円にしか見えないです。
このように、角をどんどん増やして円に近づけていったことで、円周率は求められました。

私は、ゆとり教育そのもの全てが悪いとは思わないのですが、そもそも円周率って何なのよ?という基本的な部分を、教育方針を決定する立場の人が全く理解していないことが問題なのだと思う。
どうせ、「小数点以下覚えるの面倒くさいから、切り捨てちゃおう」とか、その程度の議論しかなかったことは容易に推測できてしまうのです。
これは円周率に限ったことではなく、物の考え方の深さを浅くするような教育方針は、今後ともやめるべきでしょう。

教育は国家百年の計。
次の世代にきちんとバトンを渡せるよう、大事に考えてもらいたいものです。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Hypertable

  • Posted by:
  • 2008年2月11日 16:03

一日の検索人数 9100万人、インターネット検索シェア 50%の巨大なデータトラフィックを支えている、Googleのデータベース BigTable のクローンが開発されているとのこと。

Googleの誇る巨大データベースBigTableのオープンソースクローン「Hypertable」

Googleのあの巨大な検索システムなどを支えるデータベース「BigTable」は書き込みが毎秒700MB、読み込みが毎秒18GBという化け物システムなのですが、それのクローンを作るプロジェクト「Hypertable」というのがあるようです。既にバージョンが今年の2月4日に「0.9 Alpha」まで到達しており、超巨大な分散データベースを考えている人々から注目されているようです。

BigTableは、Column-oriented DBMSという、行ではなく列からの読み込みに主眼を置いたデータベースなのですが、クローンということなので、Hypertableも同様なのでしょう。(未確認)
Column-oriented DBMSは、今後の大規模システムでの主流になるかもしれないので、要チェックですね。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 1

見せてもらおうか、実写版ガンダムの映像とやらを

なんだよ、コレw
特に、セイラさんの配役に悪意のようなものを感じます。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ギョーザ事件で不思議に思うこと

  • Posted by:
  • 2008年2月 8日 23:49
  • 雑記

[中国製ギョーザ]袋内から殺虫剤検出 中国での混入確実に

 中国製冷凍ギョーザの中毒事件で兵庫県警は7日、大阪府枚方市の小売店から返品された冷凍ギョーザ11袋のうち新たに2袋から、有機リン系殺虫剤メタミドホスを検出したと発表した。ともに未開封で、1袋はパッケージの外側だけに付着。もう1袋は内側からも検出し、パッケージに穴はなかった。一連の事件で、完全に密封状態のパッケージの内側からメタミドホスを検出したのは初めて。中国での製造過程で混入したことが確実になった。 

とのことですが、中国で混入されたことが確実なんて言えないですよ、毎日新聞さん。
確実ということは、可能性が全く無いということでしょうけれど、日本国内でも十分可能なんですけど。
と思ったので、書いてみます。
私がちょっと考えた程度で思いつくほどなので、他にもいくつか手はあると思います。
被害者が出ている事件ですので、安易な報道はやめてもらいたいものです。


まず、餃子の具、皮、パッケージ、ダンボールに至るまで、全く同じに作ったものを日本国内で用意します。
そして忘れていけないのが毒物ですが、これは日本国内で流通しているものではありません。
なので、作ります。そもそも殺虫剤として使われる物質なので、それなりの設備があれば可能でしょう。
これらを使って、天洋食品で作られたものと全く同じものを偽造します。
このときに、大事なことなのですが、天洋食品でいつ製造され、それがいつどこで売られるかを知っておく必要があります。それが分かったのなら、製造日をパッケージに印字しておきます。

そして、中国製のギョーザが日本に到着した後に、このダンボール詰めされた毒入りの偽造品を本物とすりかえるか、販売店や物流センターで入荷後に倉庫に勝手に積んでしまいます。
入荷時には伝票で数量をチェックするが、入荷後はいちいちチェックしないという心理的な盲点をついています。

この方法には、いくつかの問題があります。
まず、準備が大掛かりであるという点。材料をいろいろ準備しないといけないので。
そして、流通させるために、複数人数が必要になります。
港ですりかえたとしても最低2人。物流センターや販売店ですりかえたり、勝手に積んだのならもっと人数が必要でしょう。
ある程度の偽造能力を持った組織的な犯行なら可能といえるかもしれません。
現実的には、可能性が大変低いと思われるのですが、だからこそ完全犯罪が可能です。

逆に、中国で混入されたとする場合、いくつかの不審な点が浮かんできます。

まず、問題の製品のいくつかに穴が開いていたこと。
材料から混入したのなら、わざわざ穴を開ける必要などありません。
もし、材料で混入し、皮にも塗り、袋の外部にも塗り、穴まで開けるなどということをすれば、当然人の目につきやすく、自分が捕まるリスクが大幅に高まります。
これから犯罪を犯そうとする人間が、リスクの高い行動を選ぶとは考えにくいです。

次に、毒物が餃子とパッケージから検出されたこと。
毒物を食べさせて相手を殺すつもりなら、パッケージにベタベタするような毒を塗る必要はありません。
餃子の具に関しても、わざわざ目につきやすい工程で混入するのではなく、パッケージ後に注射器で注入するとか、目立たない方法はいくらでもあります。
あえて具や皮に混入しているのには、なにか理由(中国で混入しているとしか思えないようにさせる)があるのかもしれません。

そして、検出された薬品はいずれも日本で認可されていないものばかり。
ただの偶然かもしれませんが、必要以上に中国に目を向けさせる力があります。
メタミドホスは中国でも使用・販売が禁止されており、過去に使われていたため入手は可能でしょうが楽という訳でもなく、わざわざこの薬物をチョイスした理由が分かりません。

ついでですが、天洋食品側で従業員とトラブルがあったとか、そういう報道もあったので、一見すると動機なのですが、外部に真犯人がいたりすると、犯人に仕立て上げる絶好のターゲットとなります。
なんというか、天洋食品に隙がありすぎて、かえって不自然な感じがします。

というのが、私の見解なのですが、それでも客観的に判断して、日本国内での混入の可能性は1%未満だと思います。
が、どうも状況に不思議な点が多く、気持ち悪い感じがあります。

一日も早く犯人が逮捕され、真実が明らかになるといいですね。
徹底的に解明し、再発防止に繋げてもらいたいものです。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

TERU語録

  • Posted by:
  • 2008年2月 7日 23:04
  • 雑記

てる語録

GLAYのボーカリスト、TERUさんなんですが...かわいいと評判なんだそうです。
かわいいといより、どっちかというとイケメンなのでは?と思ったのですが、語録を見て納得。
昔からファンだったけど、別の意味で好きになったかも。

これからも頑張って、いい曲を作ってください。心から、応援します。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > Archives > 2008年2月 Archive

Search
Feeds
Tag Cloud
Recommend

SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方
SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方

ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系
ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系

ITアーキテクト vol.1
ITアーキテクト vol.1

オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン

アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出
アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出

おら!オラ!オラクル
おら!オラ!オラクル

プログラマの数学
プログラマの数学

スタイルシート スタンダード・デザインガイド―SEO/ユーザビリティ/アクセシビリティを考慮した実践的HTML&CSSデザイン術
スタイルシート スタンダード・デザインガイド―SEO/ユーザビリティ/アクセシビリティを考慮した実践的HTML&CSSデザイン術

セオリー・オブ・スタイルシート
セオリー・オブ・スタイルシート

テクニカルセキュリティ技術
テクニカルセキュリティ技術

まってる。
まってる。

Return to page top