Home > 雑記 > 北朝鮮ミサイル発射問題

北朝鮮ミサイル発射問題

  • Posted by:
  • 2006年7月 6日 01:18
  • 雑記

北朝鮮がやっちゃいましたね。
弾道ミサイルというやつは、早い話がロケットの先に弾頭を積んだものであり、ロケットであるがゆえに火薬のような固形燃料ではなくて、液体燃料を使っています。
その弾道ミサイルに液体燃料の注入が行われたニュースは先月既にあった訳ですが、この液体燃料は注入するとタンクが徐々に劣化を始めてしまうため、私個人としては早々に撃つのではないかと想定していました。ミサイル一発の値段が相当高いですから...
そういう意味では、ずいぶんと遅いなあという思っていたのですが、まさかアメリカ独立記念の日に合わせて撃ってくるとは...

いくら外交の手段とはいえ、ちょっとやりすぎ。
しかもテポドン2号は燃料タンクの切り離しに失敗しちゃってるし。
(本体にロケットを使用しているため、空になった燃料タンクを切り離すことで軽くすることができる。この燃料タンクを2段式、3段式にすることで長距離を飛ばすことができる)
どこに落ちるか分からないってことは、開戦されていない今の状況ではかえって危険ともいえる。
テポドン以外も政府発表では計7発。韓国とロシアは10発以上なんだそうです。
弾道ミサイル以外にも、巡航ミサイル(水平に飛んでいく近距離型)なんかも撃ってる気がします。

そんな状況で、日本政府としては経済制裁を発動の動き。
国際的にも非難は免れず、北朝鮮は孤立しそうな感じ。
経済制裁は拉致事件に関連して求める声が高かった訳ですが、個人的には反対でした。
かつて日本も国際的な経済制裁(経済封鎖)をされたことがあります。
その結果、追い詰められた日本は真珠湾攻撃を行い、太平洋戦争となりました。
経済制裁は兵糧攻めと同じで、相手を餓死させることと同じ事を意味します。
経済制裁となれば、当然その先に戦争を見なければなりません。
恐らく、拉致問題だけでは国際的にも理解が得られなかったと思うので、経済制裁発動まではいかなかったでしょうが、さすがに今回ばかりは日本に向けてミサイルを撃たれてますからやむを得ないと思います。

アジア諸国は歴史の認識問題を挙げていますが、認識するだけじゃダメなんですよね。
その先に意味しているものを知り、同じ過ちを繰り返さないことが歴史を学ぶことの意義です。
北朝鮮がかつての大日本帝国と同じ運命を辿るのか?そのあたりを踏まえて、注意深く見守っていきたいと思います。

余談ですが、マスコミの一部が東京に落ちなくて良かったとか言ってたようですが、本当に日本を狙うつもりなら、原発を狙ってくると思いますよ。
もし開戦となったら、付近の方々は注意が必要ですね...

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://magicbox.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/27
Listed below are links to weblogs that reference
北朝鮮ミサイル発射問題 from LibertyBoy

Home > 雑記 > 北朝鮮ミサイル発射問題

Search
Feeds
Tag Cloud
Recommend

SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方
SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方

ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系
ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系

ITアーキテクト vol.1
ITアーキテクト vol.1

オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン

アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出
アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出

おら!オラ!オラクル
おら!オラ!オラクル

プログラマの数学
プログラマの数学

スタイルシート スタンダード・デザインガイド―SEO/ユーザビリティ/アクセシビリティを考慮した実践的HTML&CSSデザイン術
スタイルシート スタンダード・デザインガイド―SEO/ユーザビリティ/アクセシビリティを考慮した実践的HTML&CSSデザイン術

セオリー・オブ・スタイルシート
セオリー・オブ・スタイルシート

テクニカルセキュリティ技術
テクニカルセキュリティ技術

まってる。
まってる。

Return to page top